Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts
OCNモバイルONE

ソフトバンク、音声通話とパケット通信をパックにした定額サービスを4月21日より提供へ

ソフトバンクモバイルは24日、LTEのデータ通信ネットワーク上で音声通話を実現する技術であるVoice over LTE(ボイスオーバーLTE)の時代をみすえ、4月21日より音声定額とパケット定額をパックにした新サービスを提供すると発表した。これらの新サービスは「SoftBank 4G」及び「SoftBank 4G LTE」に対応する全てのスマートフォンで利用できる。

具体的には3つのプランが用意される。月額5,980円の「Sパック」、月額6,980円の「Mパック」、月額9,980円の「Lパック」。

Sパックの場合、国内音声通話を月々50回(1回3分以内)、MパックとLパックなら月々1000回(1回5分以内)まで利用できるようになっている。そして、パケット通信についてはSパックでは2GBまで、Mパックでは7GBまで、Lパックでは15GBまで利用できる。

国内音声通話の超過分は30秒あたり30円かかる。パケット通信の超過分はSパックでは100MBあたり250円、Mパックは100MBあたり125円、Lパックは100MBあたり100円となる。また、超過しても通信料不要で128kbpsの低速通信が利用できるオプションサービスが月額300円で提供される。

なお、新サービスでも「S!ベーシックパック」の月額利用料は別途発生する。

そして、各パックの月額料金と「S!ベーシックパック」に加え、専用基本料も発生する。これは2年契約の場合は月額980円で、通常契約では1,960円。また、ソフトバンクの携帯電話を利用している家族への通話は24時間無料だ。

従来のサービスプランとは料金体系が異なるためまだ理解しにくいサービスかもしれないが、月々1回あたり5分以内の国内音声通話を相当数する可能性がある方にとってはいいかもしれない。

なお、従来のホワイトプラン、パケット定額サービスも引き続き提供される。

【情報元、参考リンク】
ソフトバンクモバイル/プレスリリース

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件