ドコモ、高画質マルチメディア放送「モバキャス」対応スマホ「AQUOS PHONE SH-06D」を発表

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモは16日、都内で記者発表会を開催し、携帯電話向けのV-Highマルチメディア放送「モバキャス」に対応したAndroid(アンドロイド)スマートフォン「AQUOS PHONE SH-06D」(シャープ製)とタブレット「MEDIAS TAB N-06D」(NECカシオ製)を発表した。

SH-06D(カラー:Magenta Red)

本記事ではSH-06Dについて紹介していく。

まず、モバキャスは4月1日からmmbiが提供開始する高画質の映像の配信が可能なマルチメディア放送で、放送局「NOTTV(ノッティーヴィー)」の番組を楽しむことができる。NOTTVはスマートフォン向けのモバキャス放送局で、月額420円の情報料で利用可能だ。

今回発表されたSH-06DではこのNOTTVを、4.5インチの大型HD液晶ディスプレイで楽しむことができる。しかも、同梱されるアンテナ付の卓上ホルダによって、充電しながら、横向きのフル画面表示で視聴することが可能だ。

発売時期は3月で、事前予約は詳細が確定次第アナウンスされる見込み。

ハードウェアの仕様は最近のハイエンド向けと同等クラス。プロセッサは米Texas Instruments製のOMAP4460 デュアルコア1.2GHzで、ディスプレイは解像度720×1280、サイズ4.5インチのNewモバイルASV液晶、カメラは背面と前面に1基ずつ。背面のメインカメラの有効画素数は約800万画素、前面のサブカメラは約32万画素など。Bluetoothは3.0に対応。

ネットワークではXiには非対応だが、FOMAハイスピード(下り最大14Mbps、上り最大5.7Mbps)に対応する。もちろん、Wi-Fi(無線LAN)にも対応し、テザリングを利用することも可能だ。テザリングでは最大5台までWi-Fi機器を同時接続することができる。

また、モバキャスに加えてワンセグを視聴することも可能だ。おサイフケータイ、赤外線通信、防水・防塵性能も搭載する。

OSはAndroid 2.3で、ボディのサイズは約128×66×11.8mm、重さは約145g。カラーラインナップはMagenta Red、Blue Black、Whiteの3色展開となっている。

 
Magenta Red

 
Blue Black

White

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑