ドコモ、通訳電話サービスの試験提供を開始へ。システムが通訳の役をこなす。日本語で話したものが、電話相手には訳された外国語で聞こえる機能等

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモは4日、異なる言語間での会話を可能とする「通訳電話サービス」の試験提供を9日より、様々な分野における協力企業や団体を対象に開始すると発表した。あわせて個人のユーザーを対象とした試験サービスも提供予定で、4日よりモニターの公募受付が始まっている。モニターへの応募は下のリンク先のページより可能だ。
http://pr.docomo-translation.com/

ワイヤレスジャパン 2011におけるデモ

ドコモの開発した通訳電話サービスは、入力された音声の認識、翻訳、音声の合成などの処理を携帯電話端末ではなく、ドコモのネットワーク上に設けられたシステムで実施する仕組みになっている。携帯電話の処理能力に依存することなく利用でき、かつユーザー側ではアプリのアップデートなどの必要もないので、非常に利便性が高い。

通訳電話サービスには2つの機能がある。「遠隔利用型」と「対面利用型」だ。

遠隔利用型は、他言語を話す人と電話をする際に同時通訳機能を得られるサービス。自分が入力した音声が相手の言語に翻訳され、相手には訳された言語の音声と文字が伝えられる。ドコモのシステムが同時通訳してくれるものと捉えていいサービス・機能になる。

遠隔利用型のイメージ(ドコモ報道発表資料より)

一方の対面利用型は、端末1台で、発話した音声を認識、翻訳された言語の音声と文字を確認できる機能。1人で辞書代わりに利用したり、店舗のインフォメーションでの顧客応対などで利用できる。

対面利用型のイメージ(ドコモ報道発表資料より)

今のところ対応している言語は日本語と英語間、日本語と韓国語間の翻訳となっている。ただし、日本語と韓国語間については、対面利用型のみのサポート。また、日本語と中国語間の対面利用型も今後提供予定となっている。

試験提供は、協力企業・団体向けには9日から2012年3月31日までの期間行われる。一般ユーザー向けのモニターは、FOMAのサービスを契約している方、約400名が募集される。提供期間は11月下旬~2012年3月31日までの予定。

対象端末は音声通話が可能な端末だが、テキスト表示を利用するにはAndroid 2.2以上のOSが搭載されたスマートフォンが必須。また、フィーチャーフォンでの利用については、対面利用はできない。スマートフォンでは対面利用と遠隔利用が両方利用できる。

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑