Android向けGoogle マップの最新版6.0が登場。施設の屋内地図「インドアマップ」も表示可能に。UIも改善

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
米Googleは29日(米国時間)、「Google Maps(Google マップ)6.0 for Android」をリリースした。最新のGoogle マップには3つの新機能が導入されている。インドアマップ(ベータ版)への対応、上部ツールバーへのメニューの新設、プレイス関連の改善だ。

特に注目したい機能がインドアマップだ。


一部の空港やショッピングモール、ショップ、その他公共施設などの施設内マップ(屋内マップ)を閲覧することが可能になった。旧バージョンのGoogle マップでは、施設の表示は細かいものでも外形の表示に留まっていたが、ついにその内部にまで入り込むことが可能になった。

例えばGoogle マップを起動し、検索窓に「san francisco airport」と入力してほしい。少しずつ拡大していくと、徐々に施設内の地図が表示されることに気付くはずだ。さらに拡大していくと、画面中央右側に「1 2 3」などの数字のボックス表示が現れる。これはフロア(階)の切り替えボタンで、希望のフロアの数字をタップすることで、施設内のフロア表示を切り替えることができる。




一般に大きな空港などの場合は、フロアマップが無ければ迷うほど広く、複雑だ。しかし、手元のスマートフォンでマップを確認できるのであれば、空港内で紙の案内図をもらう必要も、フロアマップのパネルを探す必要もない。現在のところ、インドアマップに対応している施設は少ないものの、対象が拡大していけばとても便利な機能になることは間違いない。

また、やや気づきにくい変化だが、上部のツールバーにメニューが追加された。左上のGoogle マップアイコンをタップすると、メニューが表示される。ここから「地図」「プレイス」「ナビ」「チェックイン」などへ簡単に移動することができる。もう一点の更新内容は、プレイスを起動すると現在地付近でよく検索されるお店やスポットがすぐに表示されるようになったこと。


Google マップ 6.0は既にAndroid Market上で公開されており、アップデートすることで利用できる。

なお、PCからこの機能のデモを試すこともできる。下記リンク先へアクセスすればいい。
http://maps.google.com/help/maps/starthere/index.html#indoor

機能の紹介デモ動画も掲載しておきたい。


【情報元、参考リンク】
Android Market/Google マップ
Google Mobile Blog/Go indoors with Google Maps 6.0 for Android
週間Android人気アプリランキング(一般アプリ編)
(2016年5月20日集計分)
今なら「ダイの大冒険」130話分を無料で読めます。集英社の漫画雑誌アプリ。オリジナル連載作や過去・現在の作品を読むことができます。
2位:AbemaTV
新動画サービス。24時間放送のニュース番組、多数のアニメ作品、ドラマ、スポーツなど、無料で多くの番組を視聴可能。
3位:Dr.Booster
ウイルスバスターのトレンドマイクロ製の無料アプリで、メモリ開放、不要データ削除、スマホの動作快適化機能、ウイルスチェック機能を利用できます。
広告を5秒間表示するだけで「楽天スーパーポイント」が貰える楽天純正アプリ。手軽にポイント入手できるのでオススメです。
「週刊少年マガジン」の公式アプリ。6週前から3週前までの3号分を無料で読めます(*現時点では)。3週遅れでも無料でマガジンを読めるのが嬉しいです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑