ソフトバンク、シャープ製Androidスマートフォン「GALAPAGOS 003SH」発表。裸眼立体視可能な3D液晶搭載

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクモバイルは4日、2010年冬・2011年春の新商品発表会を開催し、Androidを搭載した端末を5機種お披露目した。その中の1機種がシャープ製の「GALAPAGOS 003SH(ガラパゴス)」。同端末はシャープが別途開発している電子書籍端末「GALAPAGOS」と同じブランド名を採用したAndroidスマートフォン。加えて、裸眼立体視が可能な3D液晶ディスプレイを備える。同社はNTTドコモ向けにも3Dスマートフォンを用意しているものと見られているが、製品詳細公開を含めた正式発表としては国内初となる。


気になるディスプレイサイズは3.8インチ。2D解像度は800×480。もちろんこの3D液晶を活用すべく、2Dで撮った静止画や動画を3Dに変換したり、3D写真撮影機能によって3D写真を撮影したり、といった機能も充実している。さらに、肝心のコンテンツに関してはいくつかの映像、ゲームがプリインストールされるので、買ってすぐその効果を体験することが可能。

搭載OSは最新のAndroid 2.2(Froyo)。

当然ながら米Adobe SystemsのFlash Player 10.1にも対応し、プリインストールされる。ウェブブラウザを使ってUstreamやニコニコ動画を視聴することも、PCと同様に可能だ。基本的にはPCと同等レベルのウェブブラウジングが可能といっていい。その他、Android 2.2による高速なアプリ動作、JavaScriptの快適性、アプリのSDカードへの移動などといった機能もサポート。

また、国内メーカーならではの対応機能もある。ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信、デコレメをサポート。国内フィーチャーフォンで定番の機能が盛り込まれている。フィーチャーフォンからの移行も苦労なくできるはずだ。カメラ機能は9.6メガピクセル CCD。1,280×720のHD動画撮影にも対応。

UIはオリジナルの「TapFlow UI」。タッチ操作やコミュニケーション情報を記憶して、その時に操作したいメニューや見たいコミュニケーション情報が集まる機能が特徴。

もう一点、大きな特長は13種類のカラーバリエーションが用意されることだろう。3色の基本カラーに加え、グラフィックがデザインされた10タイプの「Limited Color」がラインナップされる。

端末のサイズは62×121×12mm、重さは約139g。

発売時期は12月上旬を予定。予約受付は11月12日から開始。

なお、シャープ製のスマートフォンはもう1機種「GALAPAGOS 005SH」が発表されており、こちらはスライド式のQWERTYキーボードを持つモデル。


【情報元、参考リンク】
ソフトバンクモバイル/GALAPAGOS 003SH
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑