Logitech、Google TVセットトップボックスの名称発表。「Logitech Revue」【動画あり】

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
Logitechは16日、Google TVセットトップボックスの名称を「Logitech Revue」とすることを発表した。同社のバイスプレジデント、Ashish Arora氏が公式ブログで伝えた。Logitech Revueの価格や具体的な発売日は未定。しかし、時期は今秋の予定。価格帯は200ドル~300ドルの間になるとの噂だ。Revueは既存のテレビに対して「Google TV」の機能を提供する機器。

また、Google TVプラットフォームのパートナー企業であるソニーも同時期に同様の機器を発売する予定になっている。加えて、ソニーに関してはセットトップボックス型の機器のほか、機能を内蔵したテレビも用意している。このテレビは「Sony Internet TV」の名で販売される予定だ。

現時点では、今秋のサービスローンチ時点でGoogle TVを利用できる手段は3つ予定されている。

・ソニーの「Sony Internet TV」を購入
・ソニーのセットトップボックス型機器を購入
・Logitech Revueを購入

おそらく上から順に費用が掛かる。ソニーのセットトップボックス型機器はブルーレイディスクドライブが搭載される為、LogitechのRevueよりも高価になることが予想される。そのため、一番安価に利用できる手段がLogitech Revueになるだろう。

Google TVは国内でのサービス展開こそ予定されていないものの、Android業界、家電業界からも高い関心を集めている。インターネットとの融合が最大の特徴であるGoogle TVだが、Android Market、Android用アプリが利用できる点も大きい。それでも、セットトップボックス型の機器のヒットは難しいと考える声もあり、Google TV自体に懐疑的な意見もある。しかし、まずは今秋予定のローンチとその後の出足に注目したい。

下はデモ動画(Engadget)。



こちらはGoogle TVの紹介動画(Google)。



【情報元、参考リンク】
Logitech ブログ/Logitech Revue with Google TV
Engadget/Logitech's 'companion box' gets a name: Revue with Google TV
Sony Internet TVの紹介記事

週間Android人気アプリランキング(一般アプリ編)
(2016年5月20日集計分)
今なら「ダイの大冒険」130話分を無料で読めます。集英社の漫画雑誌アプリ。オリジナル連載作や過去・現在の作品を読むことができます。
2位:AbemaTV
新動画サービス。24時間放送のニュース番組、多数のアニメ作品、ドラマ、スポーツなど、無料で多くの番組を視聴可能。
3位:Dr.Booster
ウイルスバスターのトレンドマイクロ製の無料アプリで、メモリ開放、不要データ削除、スマホの動作快適化機能、ウイルスチェック機能を利用できます。
広告を5秒間表示するだけで「楽天スーパーポイント」が貰える楽天純正アプリ。手軽にポイント入手できるのでオススメです。
「週刊少年マガジン」の公式アプリ。6週前から3週前までの3号分を無料で読めます(*現時点では)。3週遅れでも無料でマガジンを読めるのが嬉しいです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑