Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts

5G対応10.3インチタブレット「Lenovo TAB6」がソフトバンクから10月22日に発売へ

ソフトバンクは22日にレノボ・ジャパン製のAndroidタブレット「Lenovo TAB6」(レノボ タブシックス)を発売する。ソフトバンクが取り扱う「Lenovo TAB」シリーズもナンバリングを重ねて今回で「6」になるが、シリーズ初の5G対応モデル。しかも、5G対応Androidタブレットを通信キャリアが取り扱うこと自体、Lenovo TAB6が国内初の事例となる。

<▲図:「Lenovo TAB6」のカラーはアビスブルーとムーンホワイトの2色>

Lenovo TAB6は2019年9月発売の旧モデル「Lenovo TAB5」から様々な点で進化している上、ベゼル(ディスプレイ周辺の額縁部分)が狭く、垢抜けてスタイリッシュなデザインとなっているため、多くのユーザーが惹かれる製品になるかもしれない。一方で、グレードダウンしている点もあるので注意も必要だ。

<▲図:「Lenovo TAB6」は垢抜けた綺麗なデザインも魅力>

本体サイズは約244 x 158 x 8.3mmで、重さは約498g。

ディスプレイは約10.3インチで解像度が1,920 x 1,200ドットのTFT液晶。

旧モデルのLenovo TAB5は約242 x 167 x 8.1mmで、重さ約494g。ディスプレイは約10.0インチ、解像度1,920 x 1,200ドットのIPS液晶。

<▲図:「Lenovo TAB5」>

Lenovo TAB5から若干ディスプレイサイズが大きくなるも、本体サイズは長辺側が2mmのサイズアップ、短辺側は9mmのサイズダウン、重さは4g増。ディスプレイが大きくなった割に短辺側が短く、ベゼルが狭くなっている。しかし、それよりもディスプレイパネルがIPS液晶からTFT液晶になった点は気になるかもしれない。TFT液晶でもモノによるが、基本的にはIPS液晶よりも視野角が狭いため、Lenovo TAB6のディスプレイがどの程度の描画性能なのか、実機を確認してからの購入がいいかもしれない。

OSはAndroid 11。CUPは、Lenovo TAB5では「Qualcomm Snapdragon 450」だったが、Lenovo TAB6では「Qualcomm Snapdragon 690 5G」とグレードアップしている。メモリも3GBから4GBに、ストレージも32GBから64GBに増量されているので、基本的な体感パフォーマンスは向上しているはずだ。

バッテリー容量も7,000mAhから7,500mAhに増量されている。それでいて前述したように本体の重さは約4gしか増えていない。

モバイル通信でもLenovo TAB5は4Gまでだったが、Lenovo TAB6では4Gと5Gに対応し、5Gでは下り最大1.8Gbps、上り最大110Mbpsに対応する。4Gに関してもLenovo TAB5は下り最大112.5Mbpsに留まっていたが、Lenovo TAB6では下り最大695Mbpsまでサポートする。

Lenovo TAB6の国内対応通信方式/バンド(周波数帯)は下記の通り。

  • 5G:n3、n28、n77(3.4GHz)、n77(3.7GHz)
  • 4G(FDD-LTE):B1、B3、B8、B28
  • 4G(TDD-LTE):B41、B42
  • 3G(W-CDMA):900MHz、2.1GHz

SIMカードのサイズはnanoSIMで、SIMロックは掛かっていないので、通信方式さえ対応していれば他の通信サービスで利用しても構わない。ソフトバンクでは「LINEMO」での利用も可能だ。もちろん、家でしか使わないのであればWi-Fiだけで運用してもいいだろう。

防水はIPX3、防塵はIP5X相当。Bluetoothは5.1対応、オーディオはハイレゾ対応、外部メモリは最大2TBまでのmicroSDXCに対応する。

Wi-FiはIEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)準拠。テザリングも利用可能で、同時接続可能台数は16台まで。

<▲図:「Lenovo TAB6」の側面>

カメラは背面に約800万画素、前面に約800万画素のものを搭載する。
機能面では、Lenovo TAB5がワンセグ/フルセグに対応していた一方、Lenovo TAB6では非対応になった。ただ、Lenovo TAB5のワンセグ/フルセグ機能は決して電波の掴みが良いとはいえないため、Lenovo TAB6との違いにはカウントしにくいかもしれない。また、テレビ番組を視聴する手段はレコーダーを使うなど、様々な手段があるので、気にしない方は全く問題ないだろう。しかし、ワンセグ/フルセグ非対応という点には一応注意して欲しい。

また、Lenovo TAB6にはLenovo TAB5と同様、未就学児向けの「キッズスペース」が搭載されている。キッズスペースは、子ども専用モードで、Googleの「ファミリーリンク」を利用することで、コンテンツの管理や使用時間の制限なども手軽にできる。

<▲図:「キッズスペース」のイメージ>

さらに、小学生以上を対象とした「学習モード」も搭載する。

<▲図:「学習モード」のイメージ>

ちょっとした仕事等にも便利に使える「PCモード」も搭載されている。PCモードでは、画面分割等で複数のアプリを使う際の使い勝手が向上する。

<▲図:「PCモード」のイメージ>

また、DisplayPort Altモード対応で、USB Type-C端子からの映像出力もできるので、動画配信サービスをテレビで視聴する際の端末としても使える(※ケーブルは付属しない)。

<▲図:「DisplayPort Altモード」対応でUSB Type-C端子からの映像出力が可能(※USB Type-C to DPケーブルなどの対応ケーブルが別途必要>

カラーバリエーションはアビスブルーとムーンホワイトの2色。

<▲図:「Lenovo TAB6」のアビスブルー>

<▲図:「Lenovo TAB6」のムーンホワイト>

なお、Lenovo TAB6の本体価格は36,720円だが、「トクするサポート+」を適用して、25ヶ月目に返却した場合の約2年間での実質的な使用コストは18,360円になる。一方、旧機種のLenovo TAB5は現在も販売中で、価格は25,200円なので、場合によってはLenovo TAB5を選びたくなる方もいると思う。

ただ、Lenovo TAB5はOSが発売時のAndroid 9で止まっている上、基本スペックは大部分がLenovo TAB6の方が上なので、Lenovo TAB6の方が基本的なストレスは少ないだろう。

情報元、参考リンク
ソフトバンクオンラインショップ/タブレット製品ページ
ソフトバンクオンラインショップ
ソフトバンク/プレスリリース

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件