Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts
OCNモバイルONE

ドコモ、5Gの電波品質が悪い場所で速度低下が発生する事象を6月末までに対策へ。応急処置は5Gをオフ

NTTドコモ(以下、ドコモ)は9日、「5Gエリアの品質向上にむけた取組みについて」と題した案内を発表した。本件は、ドコモの5Gエリア内のうち、エリアの端など電波品質の悪い場所において通信速度の低下、場合によってはほぼ繋がらないような状態に陥るという事象の解消に向けた取り組みに関する案内。ドコモでは本件の解消に向けて必要な対策を6月末までに実施する。


5Gエリアの端などにおいて、速度低下もしくは繋がらない事象が生じると、当然Webブラウザを始めとする通信を行う様々なアプリでエラーが発生する可能性がある。

ドコモは6月末までに必要な対策を行うことに加え、5Gの基地局を1万局まで拡大することで5Gエリアの品質向上に努めるとしている。

しかし、それまでの間にユーザーが行うことのできる応急処置は次の通りだ。

まず、本事象は5Gエリアの端など、5Gの電波の弱い場所、品質の悪い場所で発生するため、場所を移動することで回復する場合があるという。そのため、まずは場所を移動することだが、移動できない場合などには、5G通信をオフにすれば、ひとまず通信が回復する。端末の設定から「優先ネットワーク」を「4G/3G/GSM」に設定することで、とりあえず4Gで通信できるので、あまりに頻繁に生じるようだと、残念だが5Gをオフにするほかなさそうだ。

情報元、参考リンク
NTTドコモ/プレスリリース

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:1 件
  1. <編集後記>
    本事象が頻繁に発生するような場合には、残念ですが根本解決するまでの間は5Gをオフにする方がいいかもしれませんね。

    返信削除