Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts
OCNモバイルONE

ドコモが2021夏モデル追加6機種を発表!Galaxy A52 5G、Xperia Ace II、arrows Be4 Plus、home 5G、Wi-Fi STATION SH-52B

NTTドコモ(以下、ドコモ)は19日、新製品発表会を開催し、夏モデルの追加6機種を発表した。5G対応スマートフォン1機種、4G対応スマートフォン2機種、5G対応モバイルWi-Fiルーター1機種、5G対応ホームルーター1機種、そしてすでに発売済みの「Galaxy S21 5G」の東京オリンピック記念モデル「Galaxy S21 5G Olympic Games Edition SC-51B」も含めての6機種となる。

<▲図:ドコモ2021夏モデルはこの9機種と「home 5G」「Galaxy S21 5G」のオリンピックモデルの計11機種>

夏モデル全体としてはすでに発売済みの「Galaxy S21 5G」「Galaxy S21 Ultra 5G」、そして未発売ながら発表済みの「AQUOS R6」「Xperia 1 III」「Xperia 10 III」を加えた、計11機種のラインナップということになるようだ。一部機種は4月、5月発売なので「夏」という印象にはならないと思う。とはいえ、今のドコモは公式サイトやドコモオンラインショップにおける製品ページ上で「2021春モデル」や「2021夏モデル」のような表記をせずに発売日しか書いていないので、シーズンを区分する意味は薄れてきていると思うので気にしないでいいだろう。

ラインナップ全体のリスト及び発売日は下記の通りだ。ラインナップ中、5G非対応モデルはXperia Ace IIとarrows Be4 Plusの2機種のみで、残りの9機種は5G対応となっている。予約受付はすでに始まっている機種が多い。また、機種名のリンクからはドコモオンラインショップ内の製品ページへアクセスできる。

2021夏モデル


各機種の詳細は個別の記事で紹介する予定だが、本記事でも概要を掲載しておきたい。


Xperia Ace II SC-41B

  • メーカー:ソニー
  • 発売日:5月28日
  • 5G対応:非対応
  • 価格:22,000円(MNPの場合は「端末購入割引」適用で5,500円)
  • Xperia Ace II SC-41B製品ページ


Xperia Ace II SC-41Bは、「Xperia Ace」シリーズの新モデル。5Gには非対応の4Gスマートフォンで、いわゆるエントリークラスの製品となる。基本スペックは高くないが、その分、22,000円(税込、以下同)と安価だ。そしてコンパクトで手頃な機種を求めている方、ゲームを遊ぶ機会が少ない方などにとっては有力な選択肢に入ってきそうだ。

ディスプレイは5.5インチでHD+解像度(1,496 x 720ドット)の液晶で、本体サイズは約140 x 69 x 8.9mm、重さ約159gと、コンパクトで軽い。それでいて4,500mAhとサイズの割には大容量のバッテリーを積んでいる。「いたわり充電」を活用することで、3年使っても劣化しにくいとされている。

ただし、前述したように基本スペックは高くなく、CPUはMediaTek Helio P35、メモリは4GB、ストレージは64GBとなっている。microSDカードスロットは搭載し、最大1TBのカードまでサポートする。OSはAndroid 11だ。そのほかの仕様としては防水・防塵対応、おサイフケータイ対応、ワンセグ/フルセグには非対応、指紋認証対応、Bluetooth 5.0など。Xperiaシリーズだが、ハイレゾ音源には非対応な点には注意が必要かもしれない。カメラは背面に約1,300万画素と約200万画素の2眼カメラを、前面に約800万画素のカメラを搭載する。

4Gの対応通信速度は下り最大262.5Mbps、上り最大75Mbps。


arrows Be4 Plus F-41B

  • メーカー:FCNT(旧富士通コネクテッドテクノロジーズ)
  • 発売日:5月28日
  • 5G対応:非対応
  • 価格:21,780円(MNPの場合は「端末購入割引」適用で5,280円)
  • arrows Be4 Plus F-41B製品ページ


arrows Be4 Plus F-41BもXperia Ace IIと同様、低価格のコンパクトスマートフォンだ。5.6インチのHD+(1,480 x 720ドット)解像度の有機ELディスプレイ搭載で、本体サイズは約148 x 71 x 9.4mm、重さ約160gと、少しだけXperia Ace IIより大きいが、同サイズ帯の製品となる。CPUはQualcomm Snapdragon 460、メモリは4GB、ストレージは64GBだ。

若干Xperia Ace IIよりもスペックが劣る部分がある。4Gの対応通信速度は下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsで、背面カメラは約1,310万画素のシングルカメラ、前面は約800万画素。また、同サイズ帯ながらバッテリー容量は3,600mAhと、Xperia Ace IIの4,500mAhと比べて少ない。とはいえ、本来この大きさのスマートフォンなら3,600mAhは普通だ。防水・防塵対応、おサイフケータイ対応、指紋認証対応、ハイレゾ音源対応など。OSはAndroid 11だ。


Galaxy A52 5G SC-53B



Galaxy A52 5Gは「Galaxy A51 5G」の後継機種。Galaxy A51 5G自体が必要十分な性能を持つミドルエンド端末だが、Galaxy A52 5Gは後継機としてその特徴を引き継いでいる。4眼カメラでは様々なシーンをカバーした写真撮影ができる。CPUはQualcomm Snapdragon 750Gで、メモリは6GB、ストレージは128GB、OSはAndroid 11だ。

ディスプレイは約6.5インチ、解像度が2,400 x 1,080ドットの有機ELで、本体サイズは約160 x 75 x 8.4mm、重さは約188g。

5Gでは下り最大2.1Gbps、上り最大218Mbpsに対応し、4Gでは下り最大1.1Gbps、上り最大75Mbps対応だ。防水・防塵仕様、おサイフケータイ、指紋認証及び顔認証対応、ハイレゾ対応、搭載バッテリー容量は4,500mAhといった基本仕様だ。


Galaxy S21 5G Olympic Games Edition SC-51B



サムスン電子が東京 2020オリンピックのワールドワイドパートナーとなっていることからGalaxy S21 5Gのオリンピック特別モデルが用意された。中身のハードウェアスペックに変わりはないものの、ボディの背面デザイン、壁紙などが特別仕様になっている。

このオリンピック特別仕様モデルはドコモのみでの販売となる。


home 5G HR01



home 5Gは5G及び4Gに対応したホームルーター。5Gで下り最大4.2Gbpsに対応し、Wi-FiでもWi-Fi6対応で最大1.2Gbpsでの通信ができる。とても魅力的なのはモバイル通信対応のホームWi-Fiルーター製品としては珍しいほどの同時接続可能台数がある点。最大64台までのWi-Fi機器、1台の有線LAN、合計で65台までの同時接続が可能となっている。

なお、home 5G向けには月額4,950円の料金プランが用意され、ドコモのスマートフォンも合わせて利用している場合には、ギガプラン側が最大1,100円引きとなる「home 5G セット割」を適用できる。


Wi-Fi STATION SH-52B



Wi-Fi STATION SH-52Bはシャープ製の5G対応モバイルWi-Fiルーター。5Gでは下り最大4.2Gbps、上り最大218Mbps対応、4Gでは下り最大1.7Gbps、上り最大131.3Mbps対応となっている。Wi-Fi6にも対応していて、Wi-Fiクライアント機器との間で最大1.2Gbpsでの通信ができる。また、有線LANポートも搭載する。

同時接続可能台数はWi-Fi側が最大16台、有線LANもしくはUSB-C経由の有線接続が1台の計17台。モバイルWi-Fiルーターとしては同時接続可能台数は多い方なので、この点も魅力だ。

各機種の詳細は後ほど別記事を用意したい。公開次第、本記事中にリンクを追記する予定だ。

なお、新料金プラン「ahamo」に加入済みの方はこれまでドコモオンラインショップでの機種変更がシステム上できなかったが、5月19日より可能となった。すでにahamoに切り替えた方でもドコモオンラインショップで新機種を購入し、機種変更することができる。

情報元、参考リンク
ドコモ 2021年 新機種ラインナップページ
ドコモオンラインショップ
ahamo

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:1 件
  1. <編集後記>
    ドコモから夏モデルが発表になりましたね。すでにXperia、Galaxyは発表/発売済みですし、AQUOS R6も発表されていたので、追加機種は4Gスマホが2機種と5GはGalaxy A52とS21 5Gのオリンピックモデル、そしてルーター2機種ということでした。追加機種のインパクトはあまり強くありませんでしたが、少しずつ順次発表された感じに結果的にはなったので、情報は追いやすいですね。

    返信削除