Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts
OCNモバイルONE

ヤマト運輸がd払い、au PAY、PayPay、楽天ペイ、LINE Pay、メルペイ対応。荷物受取時や宅急便センターでの決済などで4月より利用可能に

ヤマト運輸は4月1日より全国の宅急便センターとセールスドライバーへの決済手段として、新たに6種類のQRコード決済サービスに対応すると発表した。


すでにヤマト運輸では現金のみならず電子マネー・オンライン決済を導入しているが、今回は新たにスマートフォンの画面にQRコードを表示し、それを読み取ることで決済処理を行う、いわゆるQRコード決済サービスへの対応だ。

具体的には下記の6種類のサービスから対応する。

  • au PAY
  • d払い
  • LINE Pay
  • メルペイ
  • PayPay
  • 楽天ペイ

冒頭で述べたように、宅急便センター、セールスドライバーへの決済の際に利用することができる。利用例としては下記の通りだ。

  1. 宅急便、宅急便コンパクトなどの運賃支払い
  2. クロネコボックスなど包装資材の料金の支払い
  3. トイレットペーパーなど生活用品の料金の支払い

なお、ヤマト便の保険料、宅急便コレクト(代引き)の支払いには利用できない。

情報元、参考リンク
ヤマト運輸/プレスリリース

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:1 件
  1. <編集後記>
    出始めの頃はQRコード決済なんて使いそうもないなんて思っていましたが、そんな私も還元キャンペーンなどを機に使うようになり、今ではそこそこ利用するようになってしまいました。結局、FeliCaでもQRコードでも使い勝手は大差ないですね。それよりも使える場所が今回のニュースのように増えてくれれば、よりお得で便利になるので嬉しいですね。

    返信削除