UQ mobileは3GBで1480円、15GBで2480円、25GBで3480円の「くりこしプラン」シリーズを2月より提供へ。5G対応は今夏の予定

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDI、沖縄セルラーは13日、auと比べて安価なモバイル通信サービスとして提供中の「UQ mobile」(UQモバイル)において、新料金プラン「くりこしプラン」シリーズを2月1日より提供すると発表した。加えて、UQ mobileにおいて今夏より5Gに対応することも明らかにされた。

「くりこしプラン」シリーズは「S」「M」「L」の3種類が用意され、それぞれ月々のデータ通信量と料金は順に3GBで1,480円、15GBで2,480円、25GBで3,480円となっている。

また、上限を超えた時の制限速度もプランによって異なり、Sは最大300kbps、MとLは最大1Mbpsとなっている。

名称通り、「くりこしプラン」では余ったデータ量は翌月まで繰り越すことができる上、データ量を消費せずに済む「節約モード」の提供もあるため、「くりこしプランS」でも十分というユーザーは相当多いと考えらえる。

音声通話については無料通話分は特に含まれておらず、国内通話は30秒あたり20円で課金される。

UQ mobileでは2月より「スマホプランV」という料金プランを提供予定だったが、今回発表された「くりこしプランL」は、それを見直したものとなる。

UQ mobileは通信品質は以前から優れていたので、安価なプランが登場することで、より魅力を増すことになりそうだ。

【情報元、参考リンク】
KDDI/プレスリリース
UQ mobileオンラインショップ
【Comments】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑