Googleが手頃で魅力的な新スマホ「Pixel 4a」「Pixel 4a(5G)」を発表!4aは42900円で8月20日発売!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
米Googleは現地時間3日、自社ブランドのスマートフォン「Pixel 4a」を発表した。日本での取り扱いも明らかにされ、直販サイトの「Google ストア」の他、通信キャリアではソフトバンクが販売する。Google ストアでの販売価格は42,900円(税込)。予約受付開始日は14日、発売日は20日の予定だ。

<▲図:Pixel 4a>

現時点ではソフトバンクでの販売価格は分からないが、近日中に明らかにされるだろう。

Googleはさらに、最新世代の通信システムである「5G」に対応した「Pixel 4a(5G)」と、「Pixel 4」の後継モデルとなる「Pixel 5」の予告も行った。両機種とも日本を含む各国で発売される予定で、Pixel 4a(5G)については価格が60,500円になることも明かされている。しかし、これらの新製品の詳細及び同社による5Gへの取り組みについては今後数ヶ月の間に紹介される予定だという。

<▲図:Pixel 4a(5G)とPixel 5の予告も行われた>

なお、Pixelシリーズには、ナンバーだけのメインモデルに加えて、画面サイズが大きいXLモデル、廉価版のaモデルと、基本的には3種類がラインナップされる。通常、廉価版モデルはメインモデルとXLモデルから遅れて発売されることになり、今回のPixel 4aはPixel 4の登場から約10ヶ月を経ての発売となる。

随分待たされたが、Pixel 4aは価格を抑えつつ、必要な部分のスペックはキープし、とても優れた製品に仕上がっていると思う。

実際、いくら性能に優れていたり、購入サポート施策を利用して実質的な負担が3分の2だろうと、10万円近い価格設定のスマートフォンには手を出しにくいと思う。その点、Pixel 4aはPixel 4に近いパフォーマンスを持ちつつ、価格設定が約半額なので、かなり魅力的だ。

ソフトバンクが何らかのキャンペーンを用意しているのかどうかは不明だが、少なくともGoogleはPixel 4aユーザー向けに「YouTube Premium」「Google One」の試用版3か月無料体験特典を提供することを明らかにしている。

さて、そのPixel 4aだが、ディスプレイは5.81インチ、フルHD+(2,340 x 1,080ドット)の有機ELだ。

Pixel 4が5.7インチのフルHD+、Pixel 4 XLが6.3インチのQHD+なので、サイズは微妙にPixel 4より大きく見えるが、実はPixel 4aでは、ボディの縦方向に対するディスプレイの占有率が高められていて、フレーム一杯まで占めている。そのため、見た目はPixel 4よりも一世代上だと感じてもおかしくない。フロントカメラ部分だけくり抜く「パンチホールタイプ」については、これを好きな人は少ないと思うが、すぐに慣れることも確かだ。初めての方でもあまり気にしなくていいと思う。

<▲図:背面はシングルカメラ、前面カメラ部分はくり抜かれたパンチホールタイプのディスプレイ>

ボディサイズは約144 x 69.4 x 8.2mm。

Pixel 4が約147.1 x 68.8 x 8.2mmなので、ほぼ同じような大きさだと言っていいと思う。それでいてPixel 4の162gよりも19g軽い143gなので、軽く、持ちやすそうだ。

プロセッサはPixel 4、Pixel 4 XLのSnapdragon 855に対してPixel 4aではSnapdragon 730、メモリは3機種共通の6GB、ストレージは128GBとなっている。心臓部ともいえるプロセッサ、メモリ、ストレージに関しては十分だ。バッテリー容量は3,140mAhで、18Wでの急速充電に対応する。

背面カメラは12.2MPのデュアルピクセルカメラ一つで、Pixel 4と比べてハードウェア面では劣る。やはり何か所かでスペックダウンさせない限り、約半額という価格設定はできないはずであり、カメラはその一つだ。Pixel 4は16MP+12.2MP構成だ。それでも、光学式・電子式の手ぶれ補正もついているし、十分綺麗に撮影できそうだ。前面カメラは8MPカメラとなっている。

ちなみに、バッテリーに関しては、ワイヤレス充電には対応していない。この点もコストカットの一つだろう。そして、Pixel 4は防水仕様だったが、Pixel 4aは違う。この点には注意が必要だ。

決済機能についてはおサイフケータイとGoogle Payに対応しているので、「Suica」「iD」「PASMO」なども問題なく使えるはずだ。

指紋認証センサーは背面に用意されている。

<▲図:指紋認証センサーは背面に用意されている>

OSはAndroid 10搭載での発売となり、Pixel 4などと同様に最低3年間のOSアップデートとセキュリティアップデートが保証されているので、長く最新OSを利用できることも魅力だ。

また、パッケージには18WのUSB-C電源アダプターとUSB-Cケーブル(USB 2.0、長さ1m)、クイックスタートガイド、クイックスイッチアダプター、SIMツールが同梱される。

【情報元、参考リンク】
ソフトバンクオンラインショップ/Pixel 4a製品ページ
Googleストア/Pixel 4a製品ページ
ソフトバンクオンラインショップ
Google Japan Blog/Google Pixel 4a 新登場
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑