ドコモの公衆無線LANサービスが誰でも利用できる「d Wi-Fi」に本格移行へ。「docomo Wi-Fi」は2022年2月で終了に

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は17日、2012年からサービス提供してきた公衆無線LANサービス「docomo Wi-Fi」を2022年2月で終了すると発表した。

<▲図:「d Wi-Fi」のSSIDは上図の通り(※公式サイトより)>

ドコモは「dポイントクラブ」の会員であればドコモの回線契約を持たない方でも無料で利用できる公衆無線LANサービス「d Wi-Fi」を今年の3月から提供中で、同社の公衆無線LANサービスがd Wi-Fiに移行することは兼ねてより告知されていたが、今回、docomo Wi-Fiの具体的なサービス終了日が発表された形だ。

docomo Wi-Fiのさらなる原点は2002年に開始した「Mzone」。それから約10年経ってdocomo Wi-Fiが生まれ、今回再び約10年の経過をもって幕を閉じ、d Wi-Fiに本格移行することになる。

なお、ドコモはd Wi-Fiの新規申込者向けのキャンペーンを実施中だ。

抽選で2万名に最大で1万ポイントの「dポイント」が当たるキャンペーンで、2021年1月11日まで行われる。

キャンペーン期間を4つに分け、合計4回の抽選が行われる。1回目は9月30日まで、2回目は10月1日から10月31日まで、3回目は11月1日から11月30日まで、4回目は12月1日から2021年1月11日までとなっている。

1等は各回10名に10,000ポイント、2等は各回50名に1,000ポイント、3等は各回4,940名に100ポイントだ。

1等の10,000ポイントは合計で40名なので、さすがに当選確率は低いかもしれないが、当たる可能性はあるので、この機会にd Wi-Fiを利用してみる方は、キャンペーンへのエントリーも行っておこう。

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース
d Wi-Fi公式ページ
わいわいWi-Fiキャンペーンページ
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑