楽天モバイル、最大28300円相当のポイント還元の「夏のスマホ大特価キャンペーン」を開始も、新規受付一時停止。近日中に再開へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
楽天モバイルは15日より「夏のスマホ大特価キャンペーン」を開始したが、同日中に新規申込を一時停止している。同社は本キャンペーンを17日午前中を目途に再開予定だとしていたが、現時点では変更され、近日中に再開予定だと案内されている。場合によっては来週以降の再開になるのかもしれない。

<▲図:AQUOS sense3 lite、OPPO A5 2020>

なお、このキャンペーンは「AQUOS sense3 lite」と「OPPO A5 2020」の2機種を対象に、最大で28,300円相当のポイント還元が行われるという、かなりお得な内容だ。そのため申込みが殺到したことが予想されるが、申込みの一時停止の理由は明らかにされていない。

キャンペーン期間は8月5日まで(ショップの場合は8月4日の閉店まで)。

キャンペーンを適用するには、楽天モバイルの料金プラン「Rakuten UN-LIMIT」への申し込みと対象端末の購入に加え、申込みの翌月末日までの開通、そしてコミュニケーションアプリ「Rakuten Link」を使っての電話の発信とメッセージ送信の利用が条件となっている。

楽天モバイルの料金プランはRakuten UN-LIMITのみで、Rakuten Linkの使用も難儀な話ではないので、条件は緩く、誰でも利用できるキャンペーンとなっている。

また、キャンペーンの開始に合わせ、両機種は本体価格が改定されている。

AQUOS sense3 liteは32,800円(税込)から27,980円に、OPPO A5 2020は28,800円から24,020円になっている。すでに数千円の値下げが行われた上でのポイント還元キャンペーンなので、実質的には端末代と相殺した上でお釣りが来るくらいなので、本当に魅力的だ。

なお、還元ポイントは最大で28,300円相当分とされているが、これは実は3種類のキャンペーンの併用によってだ。

まず、対象機種の購入とRakuten UN-LIMIT加入+Rakuten Linkの利用で贈呈されるのは22,000円相当分のポイント。そこに、Rakuten Link利用+オンライン申込時にもらえる3,000ポイント、Rakuten Link利用で申し込み時の事務手数料3,300円相当分のポイント還元が合わさって、最大で28,300円相当分ということになる。

ただし、例えば22,000ポイント還元のポイント付与時期は翌々月末日までと、若干待つ必要があることと、ポイントの有効期間は6か月と限りがある点には注意が必要だ。

【情報元、参考リンク】
楽天モバイル
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑