ファミコンソフトなどをブラウザで手軽に遊べる「auスマートパスプレミアム クラシックゲーム」がタイトル数も多く魅力的!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDI、沖縄セルラー、medibaが13日より提供開始したサービス「auスマートパスプレミアム クラシックゲーム」。名前通り、オプションサービスである「auスマートパスプレミアム」の会員向けのサービスで、会員であれば追加課金なく利用できる。このサービスでは、往年の名作ゲームをWebブラウザだけでプレイすることができるのだが、かなり良い。

<▲図:「ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会」と「双截龍(ダブルドラゴン)」>

プレイ履歴、セーブデータの保存も可能なので、スマートフォンで空き時間に少しずつ進めていくようなプレイスタイルも可能だ。これはオリジナルのファミコン時代にはできなかったことで、とても便利。

プレイ履歴やセーブデータはクラウド保存されるので、同じ「au ID」でログインすれば、どの機種でも同じデータでプレイ可能だ。ただ、現実には機種を変えてのプレイは面倒だと思うが、システム的には可能だ。また、対応機種はAndroidとiOSで、前者ではChrome、後者ではSafariが推奨ブラウザとされているが、推奨に過ぎないので、他のブラウザでも問題なくプレイできるかもしれない。とはいえ、多くの方はChromeかSafariを使っていると思うので、そのままアクセスすればいい。

各タイトル別にブックマーク(お気に入り)登録したり、ホーム画面上にショートカットを作成しておくことで、プレイ中だったりお気に入りのタイトルにワンタッチでアクセスできるので、何度もプレイする際にはその方が便利だ。

すでにプレイ可能となっている配信中のタイトルは「ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会」「双截龍(ダブルドラゴン)」「熱血高校ドッジボール部」「ダウンタウン熱血物語」「すごろクエスト ダイスの戦士たち」で、29日以降に「パックマン」「ゼビウス」「バベルの塔」「スターラスター」「ワルキューレの冒険 時の鍵伝説」「ドラゴンバスター」などが順次追加される予定。

<▲図:2020年7月29日以降に提供開始予定の主なタイトル>

さらに複数のタイトルの配信予定が明らかにされているが、その残りのリストは下記の通りだ。

シティコネクション、忍者じゃじゃ丸くん、宇宙船コスモキャリア、ザ・ロードオブキング、ピザポップ、プラズマボール、GOAL!!、いっき、かんしゃく玉なげカン太郎の東海道五十三次、マドゥーラの翼、上海、リップルアイランド、マハラジャ、へべれけ、バトルフォーミュラ、ギミック!、探偵 神宮寺三郎 時の過ぎゆくままに、ハロー!パックマン、スーパーワギャンランド、スーパーファミリーテニス、リブルラブル、SUPER E.D.F、ラッシング・ビート、美少女雀士スーチーパイ、弁慶外伝 沙の章

auスマートパスプレミアムは月額499円で、複数の特典/サービスが提供されるサービスだが、このクラシックゲームだけでもかなり魅力だ。

名作だけあってゲームシステムの基本的な部分が良く出来ているので、おそらくオリジナル版を知らない方でもグラフィックさえ気にならないのであれば十分楽しめると思う。ブラウザで気軽にプレイできるので、オススメだ!

【情報元、参考リンク】
auスマートパス公式サイト
KDDI/プレスリリース

©ARC SYSTEM WORKS
©BANDAI NAMCO Enteratainment Inc.
©CITY CONNECTION
©SUNSOFT
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑