新型コロナウイルスのため携帯電話、固定電話、固定通信等の料金支払い期限の延長が可能に。基本的に申し出が必要

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
総務省は19日、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、電気通信事業者関連4団体に対して、固定電話・携帯電話等の料金支払い期限延長等の要請を行ったと発表した。それを受けて、NTT東日本、NTT西日本、NTTドコモ(以下、ドコモ)らNTTグループ、KDDI、沖縄セルラー、ソフトバンクらが対応を表明した。

申し込み方法等は各社それぞれで、内容も各社でほんの少し異なるので、公式発表を参照して欲しいが、基本的な部分は共通している。各社とも支払い期限の自動延長ではなく、ユーザーからの申し出を必要とし、支払期限は5月末まで延長という形だ。

当然ながら今後の新型コロナウイルスの状況次第ではさらなる延長もありうるが、ひとまず5月末日までだ。

例えばNTTグループでは支払期限が2月末日以降となっている料金の支払いについて、申し出があった場合には5月末まで延長する。申し出は23日9時以降に受付開始となる。

KDDI/沖縄セルラーもほぼ同じで、2月25日以降が支払期限の料金については、申し出があれば5月末まで延長する。対象サービスはau携帯電話だけでなく、固定通信サービスなども含むが、それはNTTグループも同様。

ソフトバンクもNTTグループと同じく2月末日以降が支払期限の料金を、申し出があれあ5月末まで延長する。受付開始日時はドコモ、KDDIらより1時間遅い、23日10時から。

新型コロナウイルスの影響を受けての公共料金の支払い期限の延長措置は、携帯電話や固定電話、固定通信サービスなどに留まらず、電気、ガス、水道等にも及ぶので、支払いが厳しい場合には各社の公式Webサイト等で確認し、申込手続きを行おう。

【情報元、参考リンク】
総務省/新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴う料金支払期限延長等の実施に係る要請
NTTドコモ/プレスリリース
KDDI/プレスリリース
ソフトバンク/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑