ヤマトの宅急便が進化!スマホで発送手続き!「匿名配送」の一般向けサービスやLINEの「友だち」への発送にも対応

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ヤマト運輸は3日、宅急便における新たなサービスと今後の取り組みを発表した。まず、3日より宅急便の発送手続きをスマートフォンで完結できるサービスの提供を開始した。

<▲図:利用イメージ>

専用Webサイトで住所などの必要事項を入力し、全国約4,000か所のヤマト運輸直営店に荷物を持ち込むだけで手軽に発送できる。しかも、スマートフォンで事前に決済を済ませておけば店頭での受付時に支払いのやり取りをする必要もなく、とてもスムースに受付が完了する。

さらに、近日中にはLINEの「友だち」リストから届け先を選択して送れるようにもなる。しかも相手の住所を知らない場合でも送れるため、非常に便利だ。

加えて、「ヤフオク!」や「メルカリ」等のオークション、フリーマーケットサービスではお馴染みの「匿名配送」の一般向けサービスも提供する予定となっている。

「匿名配送」は、ヤフオク!やメルカリ等の運営事業者が間に入ることで、出品者と購入者がお互いの住所を知らずとも商品(荷物)の受け渡しができる配送サービス。例えばヤフオク!の場合は、ヤフオク!上で手続きを行い、ヤマト営業所の端末(コンビニ等でも可能)でQRコードを読み取って簡単な操作を行うだけで伝票を印刷し、それを貼るだけで配送手続きが完了する。出品者はその間の手続き上において相手の住所や氏名を知ることなく発送できる。一方、購入者に届く荷物の伝票には発送者の住所・氏名の記載はない。

同じような「匿名配送」サービスが近日中に提供開始となるようだ。

さて、話を元に戻すと、3日からはスマートフォンで届け先情報を入力(アドレス帳からの選択入力も可能)するだけで発送手続きを完結できるので、とても楽になった。

料金支払いも「クロネコペイ」、「ApplePay」、そして通信キャリアの決済サービス(ドコモ払い、auかんたん決済、au WALLET)など使ってスマートフォンで事前に行えば、営業所へ持ち込んだ際の受付も非常にスムースだ。

<▲図:手続き画面イメージ>

また会員サービスの「クロネコメンバーズ」のユーザーがヤマトの直営店からスマートフォンのサービスを利用して宅急便を送ると、「デジタル割」などが適用され、荷物1個あたり200円の割引となる。ヤマト直営店ではなくコンビニへの持ち込みの場合は150円の割引だ。

【情報元、参考リンク】
ヤマト運輸/スマートフォンからの発送サービスについて
ヤマト運輸/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑