ソフトバンク、機種代が最大で半額不要になる「半額サポート+」を9月13日より提供開始!回線契約なくても利用可能!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクは9日、「ソフトバンク」通信サービスの携帯電話購入における新しいサポート施策「半額サポート+」(はんがくさぽーとぷらす)を発表した。


「半額サポート+」では対象機種を48回払いで購入し、25か月目以降に返却の上、ソフトバンク指定方法で指定機種を購入することで、査定完了日が属する請求月の翌請求月以降の旧機種の分割支払金の支払いが不要になるサービス。要するに、2年間使って次の機種購入を約束することで購入時の半額で下取りに出せる、といったサービスになる。


注意したいのは「半額サポート+」には利用料が設定されていること。月額390円の利用料を24か月間支払わなければならない。合計9,360円だ。

また、2年が経過して端末を返却する際に査定条件を満たさなかった場合には2万円の支払いが必要になる場合があることにも注意したい。ただ、これは当然の話で、例えばボロボロになってしまった端末などの場合には仕方ない。


大きな特徴は他にもある。

それはソフトバンクの回線契約を持っていない方でも利用できることだ。

「半額サポート+」はソフトバンクの通信サービスと絡んだ割引施策ではなく、あくまでも端末購入に関わる割引施策であり、ソフトバンクの回線契約を持たない方がソフトバンクの端末を購入する際に利用することも可能となっている。とはいえ、実際には回線契約無しでの購入者はあまり多くないとは思うが、一応ソフトバンク外にまで対象を広げたオープンな割引施策となっている。

なお、ソフトバンクの回線契約を持たない方向けの提供開始日は9月26日と、若干遅れる。

【情報元、参考リンク】
ソフトバンクオンラインショップ
ソフトバンク/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑