ドコモ、AQUOS sense SH-01KにAndroid 9アップデートを提供開始!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は10日、シャープ製Androidスマートフォン「AQUOS sense SH-01K」に対してOSをAndroid 9にバージョンアップする内容を含む最新のソフトウェア更新(アップデート)を提供開始した。

<▲図:「ワンタッチ固定」について>

AQUOS sense SH-01Kは2017年11月発売モデルなので約2年前の機種で、発売時はAndroid 7.1を搭載した機種だが、シャープ製スマートフォンへのOSアップデート提供がキチンと行われることへの証でもあり、嬉しいニュース。

メモリ(RAM)が3GB搭載されていること、ディスプレイの解像度がフルHDであること、CPUのSnapdragon 430がそれなりにパワーがあることから、今後もしばらく現役として活躍できるはずだ。

Android 9にアップデートすることで、UI(メニューや基本操作周り)、通知など、日常使う上で影響する部分に変更があるほか、電力制御、画面の明るさ制御など、細かい制御が向上する。また、コピー&ペースト機能の改善などもある。


画面を縦横に切り替えられる「ワンタッチ固定」キーの導入などもある。

さらに、AQUOSならではの「エモパー」の進化もある。外出中、端末を耳に当てるだけで役立つ情報をエモパーが話してくれるようになる。最近AQUOS senseでエモパーを使わなくなっていた、という方も改めて使うようになるかもしれない。

不具合対策も導入されている。

まれに端末がフリーズする場合があるという事象の改善が行われる。加えて、セキュリティ更新も行われる。

アップデートは「設定」→「端末情報」→「Androidバージョンアップ」と進め、後は画面に表示される指示に従って操作を行えば導入できる。

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/AQUOS sense SH-01Kの製品アップデート情報
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑