ソフトバンクの料金プラン「ウルトラギガモンスター+」でレシピ動画のクラシルと学習サービス「スタディサプリ」も使い放題!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクのスマートフォン向け料金プラン「ウルトラギガモンスター+」において、データ量を消費せずに使い放題で楽しめる対象サービスとしてレシピ動画サービス「クラシル」とオンライン学習サービス「スタディサプリ」が追加された。


ウルトラギガモンスター+はそもそも月間のデータ量が50GBと大きいので、他のプランと比べてデータ量を気にせずに使えると思うが、動画配信サービスの場合は、それでも不足しかねない。

そのため、ユーザーが利用したいサービスが、データ量を消費せずに使い放題で利用できる対象サービスである「動画SNS放題」に入っているかどうかが非常に大きなポイントとなる。

その「動画SNS放題」に新たにクラシルとスタディサプリが追加されたので、両サービスのユーザーにとってはウルトラギガモンスター+は魅力的な料金プランになると思う。

ちなみに、現在「動画SNS放題」の対象となっているサービスは下記の通り。
  • YouTube
  • AbemaTV
  • TVer
  • GYAO!
  • Hulu
  • LINE
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • TikTok
  • クラシル
  • スタディサプリ

今後も「動画SNS放題」の対象サービスは拡大される予定となっているが、現在対象のサービスが今後もずっと対象のままというわけでもなく、削除も含めて変更の可能性があるので、必ずしも安心はできないが、そうそうすぐに対象外になることはないと考えられるので、やはり追加されるというのは良いニュースだ。

現在に関しては「ギガ放題使い放題キャンペーン」によって、そもそもどのようなサービスの通信でも使い放題になっている。しかし、それも9月30日で終了予定だ。もちろんキャンペーン延長の可能性もあるかもしれないが、キャンペーンが終わった場合には、それ以降は「動画SNS放題」の対象サービスのみ使い放題で、それ以外のデータ通信は使用データ量がカウントされ、月間上限の50GBから消費されていくことになるので注意したい。

さすがに4K動画の視聴やPlayStation 4やPC用ゲームのダウンロードなどの超大容量のデータ通信でも行わない限り、50GBあれば大抵の用途には十分だと思うが、キャンペーン期間中とはデータ量に対する意識が変わると思うので注意したいところだ。

【情報元、参考リンク】
ソフトバンク/ウルトラギガモンスター+公式ページ
ソフトバンク/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑