Yahoo!カーナビ用のハンドル取付リモコンの新型「ナビうま ハンドルリモコン Plus」が登場!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ヤフーが提供するカーナビアプリ「Yahoo!カーナビ」を車内で使う際に便利なリモコンに新型「ナビうま ハンドルリモコン Plus for Yahoo!カーナビ」が登場する。ソフトバンク向けスマートフォンのアクセサリーなどを扱う「SoftBank SELECTION」を展開するSB C&Sが26日以降に順次発売する。


取扱店は、「SoftBank SELECTION オンラインショップ」、家電量販店、カー用品店、Yahoo!ショッピング。SoftBank オンラインショップではすでに予約受付が始まっている。

「Yahoo!カーナビ」を車内で使うのにリモコンは必須ではないが、あると明らかに便利だ。ハンドルに取り付けるリモコンなら画面に視線を移さずに手元で操作できる。


第一弾製品は2016年にリリースされた「ナビうま ハンドルリモコン for Yahoo!カーナビ」で、今回の製品は第二弾となる。付属のアタッチメントの性能が向上し、より使いやすくなっている。

リモコンを使えば、スマートフォンに触れることなく、自宅までのルートをワンタッチで表示できたり、地図の拡大や縮小もできる。また、音声検索もリモコンから起動できる。

また、初期設定さえすれば、リモコンとスマートフォンのBluetooth接続は自動的に行われるため、クルマに乗ってスマートフォンで「Yahoo!カーナビ」アプリを起動すれば、自動的にリモコンと接続され、操作できるようになる(Bluetooth圏内に入れば)。

車載用の専用カーナビを使っている方も多いと思うが、あわせて「Googleマップ」のカーナビゲーション機能や「Yahoo!カーナビ」「NAVITIME」のサービスなどを併用している方もいると思うし、スマートフォンのそれらナビアプリをメインに使っている方も多いと思う。その際にリモコンは本当に便利だ。

なお、リモコンはAndroid 4.4以降、iOS 10.0以降のOSを搭載するスマートフォンなどの機器に対応している。電池は市販の「CR2032」を使い、常時電源オンのモードで約7か月持つという。自動スタンバイモードなら1日あたり約1.5時間使った場合で約12か月持つとされている。

価格はオープンだが、SoftBank SELECTION オンラインショップでは3,980円(税込)で販売されている。



【情報元、参考リンク】
SoftBank SELECTION オンラインショップ/ナビうま ハンドルリモコン for Yahoo!カーナビ製品ページ
SoftBank SELECTION オンラインショップ
ソフトバンク/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑