auのスマホ決済「au PAY」の登録者数が早くも400万人突破!キャンペーン延長!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDIは22日、バーコード/QRコードを使った新しいスマホ決済サービス「au PAY」の登録者数が22日の時点で400万人を突破したと発表した。au PAYのサービス開始日は4月9日なので、4か月経たずに400万人の大台まで乗せたことになる。


同社は現在実施中のキャンペーンを9月30日まで延長することも明らかにした。この「au WALLET ポイント つかえる! たまる! キャンペーン」では、対象店舗における支払いにおいて「三太郎の日」の特典なども加えると最大で26.5%の「au WALLETポイント」での還元を受けられる。

ただし、最大26.5%還元を受けるには下に掲載した画像のように条件を複数クリアする必要がある。


少なくとも有料サービスの「auスマートパスプレミアム」会員である必要があるし、「食べログ」との連携対象店舗であることと「三太郎の日」の特典が加わることで合計26.5%に達する。「auスマートパスプレミアム」に加入していない方は無料の会員プログラム「au STAR」側の特典の組み合わせとなり、最大で10.5%還元となる。10.5%でも十分大きな還元だと言っていいと思う。

注意したいのは還元ポイントには上限があることだ。月間合計での上限は5,000ポイントまでとなっている。

なお、「au PAY」は「au WALLET アプリ」を使うスマホ決済サービスで、他社の同種のサービスと同じようにスマートフォンの画面にバーコード/QRコードを表示し、対象店舗のレジや各種読み取り端末で読み取ってもらうことで決済される。

特徴は「au WALLET」との連携にある。というか、実際には現状の「au PAY」は「au WALLET」の機能の一つといった付加サービスのようなものなので、「au WALLET プリペイドカード」で使っている「au WALLET 残高」をそのまま使うこともできるし、貯まっている「au WALLET ポイント」を使うこともできる。「auかんたん決済」や「じぶん銀行」などからの残高チャージもできる。

auユーザーであれば「au PAY」の登録/利用手続きはかなり手軽なので、キャンペーンが行われている時に登録しておくとお得かもしれない。一方で、食べログ特集掲載店に足を運ぶ予定がない方は今回焦って登録する必要はないと思う。いずれ再び何らかのキャンペーンが行われることが予想されるので、その時でも構わないだろう。

【情報元、参考リンク】
KDDI/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑