ポケモンGOにマツモトキヨシ グループ店舗約1700ヶ所が登場!店頭キャンペーンなども実施へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
マツモトキヨシホールディングスは11日、米Niantic, Inc.およびポケモンの両社との間でスマートフォン向けゲーム「Pokémon GO」(以下、ポケモンGO)におけるパートナーシップ契約を締結したと発表した。


ポケモンGOのトレーナー達の中にはすでに気付いている方も多いと思うが、11日よりマツモトキヨシグループの店舗、約1,700ヶ所がポケモンGOのゲーム内で「ポケストップ」「ジム」として登場している。

しかも、今回のパートナーシップによってゲーム内に登場するマツモトキヨシグループの店舗は日本国内だけに限らず、タイや台湾など国外の店舗にも及ぶ。

メガヒットゲームとなったポケモンGOだが、依然として高い人気をキープしている。

外出先でポケモンをゲットし、コレクションを進めていくだけでなく、現在では数々のアップデートによって様々な機能が追加されている。例えば、他のトレーナーと協力して強力なポケモンと戦う「レイドバトル」もその一つだ。

ポケモンGOがリリースされて間もない頃に始めて、今は離れてしまっているトレーナーは久しぶりにプレイすると全く状況が変わっていることに気づくと思うので、改めて新鮮な感覚でプレイできると思う。

マツモトキヨシグループの店舗は全国各地に展開されているため、家の近所にポケストップやジムがなくて飽きてしまった、という方にもいいパートナーシップだと思うし、都市部に住んでいる方でポケストップやジムに困っていない方にとっても、新たなキャンペーン等の展開には注目だと思う。

マツモトキヨシグループでは、Niantic、ポケモンと連携し、店頭キャンペーンなどにも取り組んでいくとしているだけに、楽しみにしたいところ。

「ポケモンGO」アプリは下記リンク先からダウンロードできる。



【情報元、参考リンク】
ポケモンGO公式サイト
マツモトキヨシ公式サイト
マツモトキヨシホールディングス/プレスリリース(PDF)

©2019 Niantic, Inc. ©2019 Pokémon. ©1995‒2019 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケモン・Pokémon は任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑