完全放電などで起動しないケータイを復活してくれるイベント「おもいでケータイ再起動」が新宿で実施へ。事前予約制

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDIは10日、過去に使っていた携帯電話を充電・再起動し、思い出写真をプリントできたり、データを別の機種へ移行するサポートをしてくれたりといった「おもいでケータイ再起動」イベントを7月5日から7日までの間、KDDI直営店「au SHINJUKU」で開催すると発表した。

<▲図:専用フォトフレーム>

このイベントはau直営店で実施されるものだが、NTTドコモ(以下、ドコモ)やソフトバンクなどau以外のケータイでも参加できるので、関心がある方はチェックしてみよう!

「おもいでケータイ再起動」は2016年7月にau SHINJUKUで「おもいでケータイ タイムトラベル」のコンテンツとして開催されたのが最初。

その約1年後には正式に「おもいでケータイ再起動」としてau NAGOYAを皮切りに全国の直営店やイベント会場などで開催された。今回は3年振りにau SHINJUKUでの開催となる。

さて、その「おもいでケータイ再起動」だが、注意したいのは定員が設けられていることと事前予約制だという点だ。

開催日程は7月5日、6日、7日のそれぞれ11時から18時で、各日先着130名となっている。すなわち合計で360名までだ。予約は電話受付のみで、すでに開始されている。7月7日までで、平日に加えて土日も受け付けている。受付時間は各日9時から17時まで。

携帯電話は一定期間充電していないと電池の完全放電や過放電によって充電できなくなったり、充電器の認識不可となる場合があるので、再起動の際には電池ごとに最適な充電ができる「バッテリーテスター」が必要になることがある。

<▲図:バッテリーテスター>

このイベントでは、会場にバッテリーテスターを設置し、来場者の携帯電話の再起動をサポートしてくれる。充電不可となった携帯電話を充電、再起動することで、懐かしの写真をプリントしてくれて専用のフォトフレームに入れてプレゼントしてくれる。



また、イベント会場への来店が難しい方への訪問サポートも行われる。事前に申し込んだ方の中から選定された方の指定場所への出張となる。ただし、10名以上の団体・組織、もしくは再起動したい携帯電話が10台以上あることが条件となっている。この訪問サポートの詳細は7月上旬に発表される予定だ。

【情報元、参考リンク】
au「おもいでケータイ再起動」特設サイト
KDDI/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑