Withingsからアナログ時計搭載スマートウォッチ「Move」登場!活動量や睡眠記録が可能で税込10130円

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
スマート体組成計やスマートウォッチ等のウェアラブル端末などを手掛けるWithingsから新たなスマートウォッチ「Withings Move」が登場する。発売日は19日の予定で、価格は10,130円(税込)。

<▲図:Withings Move。カラーは3色>

Withings Moveは国内では「SoftBank SELECTION」としての販売(ソフトバンクセレクションオンラインショップ含む)に加えて、Amazon、ヨドバシカメラ、ビックカメラグループの各店舗(ビックカメラ、コジマ、ソフマップ)などで販売される。ソフトバンクセレクションオンラインショップでは先行予約販売がすでに開始となっているが、同店はソフトバンクの携帯電話ユーザーでなくても構わず誰でも利用できるので、早めに押さえたい方は無難かもしれない。

Withings Move最大の特徴は、スマートウォッチとしては比較的安価な価格設定と、アナログ時計を備えているという点、バッテリーの持ちが最大1年半と長いことにあると思う。

同じWithingsのスマートウォッチでも「Withings Steel HR」など2万円を超える製品と比べると高級感には欠けるかもしれないが、逆にカジュアルさ、スポーティーな雰囲気が出たデザインとなっていて、普段のランニング、ウォーキングなどのフィットネス全般の記録、睡眠記録にはちょうどいいかもしれない。

<▲図:Withings Moveの使用イメージ>

というのも、約32gと軽い上にリストバンドもシリコン製とフィット感の良さでは優れていそうだからだ。装着時のストレスは非常に少なそうだ。また、約50m防水でもあるので、スイミングやサーフィン、スキー/スノーボードなど水が掛かる可能性のあるスポーツでも安心して使える。

なお、スポーツに関して、自動認識が可能な競技は下記の通りとなっている。他の競技の記録もできるが、下に挙げたものは自動的に認識してくれる。
  • 卓球
  • サイクリング
  • バトミントン
  • バスケットボール
  • バレーボール
  • ボクシング
  • テニス
  • スカッシュ
  • ジム(重量上げ)
  • サッカー
  • ダンス

ランニング、ウォーキング等についてはスマートフォンのGPSとの連携でコースを記録できる他、ペース、距離、標高、消費カロリー等も記録される。

睡眠記録については、睡眠サイクルの他、過去の睡眠パターンとの比較・分析なども可能となっている。分析結果を基にして最適に目覚められそうなタイミングで振動して起床を促す「スマートウェイクアップ機能」もある。

バッテリーは市販のボタン型電池の「CR2430」を使い、最大で18ヶ月間持つとされている。なお、連携できるスマートフォンはAndroid、iPhoneどちらにも対応している。

【情報元、参考リンク】
ソフトバンクセレクション/Withings Move製品ページ
ソフトバンクセレクション
Amazon/Withingsの製品リストページ

【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑