東北、上越、北陸新幹線において携帯電話を利用できるトンネル区間が3月31日より拡大!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)、KDDI、ソフトバンクは25日、東北新幹線、上越新幹線、北陸新幹線において31日より各社の携帯電話サービスを利用できるトンネル区間が拡大すると発表した。

<▲図:JR東日本エリア内の新幹線などにおけるトンネル内の携帯電話サービス提供状況>

東北、上越、北陸、いずれの新幹線においても31日の始発列車からの対応となる予定。新たに携帯電話サービスを利用可能となるトンネルは下記の通り。

  • 東北新幹線「八戸駅~七戸十和田駅(手前)」間(9トンネル、総延長約14.8km)
  • 上越新幹線「上毛高原駅~越後湯沢駅」間および「長岡駅(手前)~長岡駅」間(7トンネル、総延長約35.4km)
  • 北陸新幹線「上田駅(手前)~飯山駅」間(6トンネル、総延長約33.4km)

なお、ソフトバンクについてはワイモバイルも含まれるので、利用できる通信サービスとしてはドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルということになる。もちろん各社の通信インフラを使ってサービスを提供中の格安SIM/スマホサービスも利用できる。

また、2019年度内(2020年3月末まで)にトンネル内が携帯電話サービスエリア化される予定の区間は下記の通りとなっている。
  • 東北新幹線「七戸十和田駅(手前)~新青森駅(手前)」間
  • 上越新幹線「越後湯沢駅~浦佐駅(手前)」間および「浦佐駅~長岡駅(手前)」間
  • 北陸新幹線「飯山駅~上越妙高駅」間
  • 山形新幹線(奥羽本線)「赤岩駅~板谷駅」間

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑