音声通話対応ながら最低利用期間および解約金のない格安SIM「スタートSIM」をb-mobileが販売開始!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
「b-mobile」ブランドで格安のモバイル通信サービスを展開する日本通信は5日、新しい商品「b-mobile スタートSIM 音声付」の販売を開始した。


「b-mobile スタートSIM 音声付」は3,000円の初期手数料(パッケージ料金)と月額基本料1,380円(データ通信量1.5GB込み)から始めることができる商品で、音声通話対応ながら最低利用期間の定めがなく、途中解約金の設定がない点が大きな特徴。すなわち、気軽に始められる、ということが魅力のサービスだ。

また、MNP対応なので他社からの乗り換えも可能となっている。

商品パッケージに含まれるSIMカードは、購入したユーザーが自分でnanoSIM、microSIM、標準SIMの3サイズに切り分けられる「マルチカットSIM」タイプなので、購入時点ではSIMカードのサイズを気にせずに済むようになっている。この点も手軽さの一つ。

基本的に気軽にスタートできる「b-mobile スタートSIM 音声付」だが、b-mobileの通信サービスを気に入ったら、途中で他のプラン「990ジャストフィットSIM」(月額990円から)に事務手数料なしで変更することも可能となっている。しかも、変更後も最低利用期間と解約金がない状態を維持できる。


「990ジャストフィットSIM」は月額990円からのプランで、1GBまでのデータ通信量が込みとなっていて、実際に使ったデータ通信量が1GBを超えた場合はその分が追加課金される多段階式の定額制プランとなっている。もちろん青天井ではなく上限は15GBにおける3,590円と定められているので、それ以上料金が高騰することはない。

そのため、「b-mobile スタートSIM 音声付」で試しにb-mobileを始めてみて、気に入らなかった場合は解約金なしで止める。逆に気に入った場合は、そのまま継続利用するか、「990ジャストフィットSIM」に切り替える、という選択肢がある。

なお、冒頭で「b-mobile スタートSIM 音声付」は1.5GBのデータ通信量込みと書いたが、仮に1ヶ月以内に1.5GBを使い切った場合でも通信自体は低速にはなるができるようになっている。また、「b-mobile スタートSIM 音声付」の利用回線はNTTドコモ(以下、ドコモ)なので、ドコモの通信可能エリアで利用できる。

音声通話料は、b-mobile電話アプリを使った場合は30秒あたり10円で、使わなかった場合は30秒あたり20円。

音声通話が多い方は一回あたり5分以内の通話であれば何回でもできる「5分かけ放題」(500円)というオプションに加入することもできる。

【情報元、参考リンク】
「b-mobile スタートSIM」公式サイト
「b-mobile 990ジャストフィットSIM」公式サイト
b-mobile公式サイト
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑