カシオからスマホでラベルデザインできるラベルライター「NAME LAND i-ma KL-SP10」が登場!様々なテープ幅に対応!沢山のデザイン素材も魅力!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
カシオ計算機から便利な小型ラベルライターが登場する。同社は29日、スマートフォン向けアプリでデザインしたラベルをBluetoothで接続してプリントできるラベルライター「NAME LAND i-ma(イーマ) KL-SP10」を発表した。


ラベルデザインはアプリ「LABEL DESIGN MAKER i-ma」で行うことができるが、豊富なデザイン素材が用意されているため、かなり凝った品質の良いラベルを手軽に作ることができる。

それに、ただ単に文字をプリントするだけのシンプルなラベルだとしても、アプリで調整できるのは相当便利そうだ。

<▲図:ラベルテープの利用イメージ>

<▲図:アプリで手軽に高品質のラベルデザインができる>

アプリでは「収納ラベル」「お名前ラベル」「季節・イベントのラベル」といったカテゴリーが用意されていて、それぞれのカテゴリーに沿ったデザインセットが用意されている。しかも、凝りだしたら止まらない、という方でも満足できそうなほどの絵文字も用意されている。絵文字の種類は1,000もある。

<▲図:絵文字の種類は1,000!>

デザインしたラベルはNAME LAND i-ma KL-SP10とBluetoothで接続して手軽にプリント。

プリントできるラベルテープの幅は3.5mm、6mm、9mm、12mm、18mm。3.5mm幅から18mm幅まで広くサポートしているので、日常使う上では全く問題なさそうだし、様々な種類のテープをサポートする。利用イメージからも分かると思う。

ラベルライター自体のサイズは約57 x 154 x 137.5mmで、重さは約425g。かなり小型で小さいので収納スペースをあまり必要としない点も嬉しい。ACアダプターが付属しているが、電池での駆動もできる。電池駆動の場合は、単3形電池6本を必要とする。アルカリ乾電池だけでなく充電式のニッケル水素電池でも構わない。

連携できるスマートフォンはAndroidとiPhoneどちらでも大丈夫だ。具体的なOS要件はAndroid 5.0以上、もしくはiOS10.0以上となっている。

発売日は2月8日の予定。

【情報元、参考リンク】
カシオ計算機/プレスリリース
Amazon.co.jp/NAME LAND i-ma KL-SP10
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑