WiMAX 2+ホームルーター新製品「WiMAX HOME 01」登場!工事不要ですぐにネット利用可能!最大20台のWi-Fi機器の同時接続が可能!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
先ほど紹介したモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX05」(こちらの記事)に続き、紹介するのが遅れてしまったがUQコミュニケーションズは10月30日、WiMAX 2+に対応したホームルーター「WiMAX HOME 01」(NECプラットフォームズ製)を発表した。

<▲図:WiMAX HOME 01>

発売時期は12月上旬の予定で、UQ WiMAXオンラインショップ、MVNO各社(GMOとくとくBB、ソネット、ニフティ、ビッグローブ等)で取り扱う。11月8日発売予定のWX05と違い、12月発売ということもあり、まだ予約受付は始まっていないようだ。

WiMAX HOME 01の販売価格は各社で異なるが、UQ WiMAXオンラインショップでは2年プランで3,800円、3年プラン、4年プランでは800円となる。MVNO各社は毎月キャンペーンが手厚いのでそちらでの購入も良いと思う。最大4万円程度のキャッシュバック企画や月々の料金を大きく割り引く企画など様々だ。

さて、そのWiMAX HOME 01だが、「WiMAX 2+」と「au 4G LTE」に対応する。

WiMAX 2+対応ルーターには「ハイスピードモード」と「ハイスピードプラスエリアモード」という2つの通信モードがあり、前者はWiMAX 2+のみ、後者はWiMAX 2+とau 4G LTEを利用する。通信速度はモードによって異なるが、下り(ダウンロード側)はどちらのモードでも最大で440Mbps、上り(アップロード側)はハイスピードモードで最大30Mbps、ハイスピードプラスエリアモードで最大75Mbpsとなる。

<▲図:上面と下面>

筆者個人の意見では多くのユーザーがハイスピードモードで十分だと思うが、WiMAX 2+ルーターには最大2週間の無料トライアルサービスがUQコミュニケーションズから提供されているので、WiMAX 2+の通信エリアや速度などの品質が気になる方はトライアルの利用も検討してみよう。

また、WiMAX 2+対応ルーターには大きく分けてモバイルルーターとホームルーターの2シリーズがあるが、大きな違いは同時に接続できるWi-Fi機器の台数だ。モバイルWi-Fiルーターの場合は大抵の機種で最大10台程度だが、ホームルーターだと2倍程度の数のWi-Fi機器に同時接続できる。そのため、固定回線代わりにWiMAX 2+を使う場合などにはホームルーターの方がいい。

今の世の中ではスマートフォン、タブレット、PC、ゲーム機、テレビ、オーディオ機器、プリンタなど数多くのWi-Fi機器が家の中にあると思うので、10台程度だと意外と簡単に超えてしまう。

WiMAX HOME 01のWi-FiはIEEE802.11ac/n/a(5GHz)、11n/g/b(2.4GHz)に対応する。

同時接続可能台数を正確に説明すると、5GHz、2.4GHzそれぞれで最大10台ずつなので、近年のスマートフォンやタブレット、パソコンのように5GHz対応機器を多く保有している方の場合、どれかを2.4GHzで繋げるしかないかもしれないが、大抵の家庭で10台まででも十分だと思う。また、有線LANポートも2つ搭載されていて、それも合わせると最大で22台の機器をWiMAX 2+経由でインターネットに繋げることになる。

本体サイズは約70 x 155 x 100mmで、重さは約338gだ。

機能・性能面の特徴を見ていくと、まずWiMAX 2+通信において電波が届きにくいエリアにおいて送信パワーを上げる「WiMAXハイパワー」に対応する。Wi-Fi接続に関しても高性能アンテナと、接続機器に向けて電波の指向性を高めるビームフォーミングによって、高速かつ安定した通信が可能となっている。家の中で位置が変わりやすいスマートフォンやタブレット、ノートPCなどの場合、ビームフォーミングに対応していると安定した通信ができる。


ルーターの設置位置を決める際に便利な機能もある。

スマートフォンにアプリ「NEC WiMAX 2+ Tool」をインストールしておけば、WiMAX HOME 01のWiMAX電波受信レベルをアプリ上で13段階表示できるので、家の中のどの位置が最も電波状態が良いかを手軽に確認できる。4つのアンテナで同時に通信をする「4x4 MIMO」にも対応したWiMAX HOME 01だが、4x4 MIMOは家の中での電波の反射状態によっても通信速度が変わってくるので、必ずしも何となく電波が一番入りやすそう、という場所が一番とは限らない。

<▲図:アプリから13段階での電波強度をチェックできる>

以前使っていたWi-FiルーターのWi-Fi接続設定(SSID、暗号化モード、パスワード)を簡単な操作でWiMAX HOME 01にコピーできる「Wi-Fi設定お引越し」機能もある。

最後にMVNO各社のキャンペーンも簡単に紹介しておきたい。

GMOとくとくBBでは最大42,000円のキャッシュバック企画と月額料金割引企画などを実施している。ソネットでは3年間ずっと月額3,380円というキャンペーンを、ビッグローブでは最大30,000円キャッシュバックなどの企画を実施中だ。

<GMO WiMAX>



<So-net、BIGLOBE>



【情報元、参考リンク】
UQ WiMAXオンラインショップ
GMOとくとくBB WiMAX2+キャンペーンページ
So-net モバイル WiMAX
BIGLOBE WiMAX 2+
UQコミュニケーションズ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑