UQ mobileで「OPPO R17 Neo」の無料お試しが可能に!最大15日間無料で借りて試せる!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
UQコミュニケーションズは26日より「Try UQ mobile」に新機種の「OPPO R17 Neo」を追加したと発表した。

<▲図:OPPO R17 Neo>

Try UQ mobileは無料でUQ mobileの回線と端末を15日間試すことができるので、契約/購入前に気軽に品質/機能/性能を確認できて新規加入検討者には嬉しいサービスとなっている。そこに今回新たにOPPO R17 Neoが加わったので、OPPO R17 Neoに関心がある方は試してみよう。

OPPO R17 Neoは、ディスプレイに指紋認証機能を搭載するスマートフォンで、ディスプレイを押した瞬間にロック解除できることが大きな魅力となっている。

<▲図:ディスプレイ指紋認証機能を搭載する>

また、OPPO R17 Neoは今流行の切り欠きのあるディスプレイだが、その形状が水滴型となっているので、ちょっとおシャレだ。ディスプレイサイズは6.4インチで、解像度は2,340 x 1,080ドットの有機EL。ボディサイズは75.5 x 158.3 x 7.4mmで、重さは約156g。比較的大型のディスプレイだが、縦長ということもありボディの幅は大きくなり過ぎず、さらに軽量だ。ただし、防水や防塵仕様ではないので、その点には注意してほしい。

カメラは背面メインカメラがデュアルカメラとなっていて、前面のサブカメラは2,500万画素のシングルカメラ。どちらもAIを活用している。

プロセッサはQualcomm Snapdragon 660で、メモリ(RAM)は4GBで、ストレージ(ROM)は128GB。ストレージ容量が大きいことも大きな魅力。OPPO R17 Neoの価格は38,988円なので、コストパフォーマンスに優れている点も大きい。

他に注意をしたいのはGoogle Playは使えるが、純粋なAndroid OSではなく、Android 8.1ベースの「ColorOS 5.2」を搭載するスマートフォンだということ。UIなどをカスタマイズしたもので、重ねていうがGoogle Playを使えるので、基本的には一般的なAndroid端末だと思って問題ない。

とはいえ、その点も含めてTry UQ mobileで試してみるのがいいと思う。自分が使いたいアプリ/ゲームを試して確認しておけば安心して購入できるはずだし、自分が使う予定のアプリが正常動作しない場合には「AQUOS sense2」など、他機種に変えればいいと思う。

【情報元、参考リンク】
UQモバイル
Try UQ mobileについて
Try UQ mobileの貸出機の在庫状況について
UQコミュニケーションズ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑