LINEからコンビニのマルチコピー機での写真印刷が可能に!シャープの「ネットワークプリント」がLINEと連携で実現

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
シャープは21日、コンビニエンスストアのマルチコピー機向け「ネットワークプリント」サービスにおいて、コミュニケーションアプリ「LINE」との連携を開始したと発表した。

<▲図:LINEのトークを使っての印刷が可能に!>

この連携によって、LINEのトークルームに写真を送信するだけで、全国約30,000店舗のコンビニに設置されているシャープ製のマルチコピー機から手軽に写真を印刷できるようになった。

LINEからの印刷は、会員登録や専用アプリのインストールが不要という手軽さが大きな特徴。

ネットワークプリントサービスでは以前からスマートフォンからの印刷に対応しているが、サービスへの会員登録に加え、印刷したいファイル(文書、画像)の登録も必要だ。一方、今回新たに対応したLINEを利用する方法では、会員登録が要らず、写真(画像)の登録までLINEアプリだけでできる。

ただし、利用の際にはLINEでネットワークプリントの公式LINE@アカウントを「友だち」登録する必要はある。後はネットワークプリントのLINE@アカウントとのトークルームに印刷したい写真を送信すればいい。写真を送信すると、折り返し「ユーザー番号」が送られてくるので、その番号をコンビニ設置されたマルチコピー機に入力すればいい。

<▲図:利用方法>

印刷の際にはL判/2L判といった写真用紙のほか、A4(光沢紙/普通紙)やA3(普通紙)サイズなども指定できる。

一度に登録できるファイル数は3つまでで、1ファイルあたりの上限サイズは10MBなので、その点には注意したい。なお、登録ファイルは最大で8日間保管されるので、コンビニでLINEの操作をしなくても構わない。例えば、出掛ける前日に家でLINEのトークルームに写真を送っておいて、翌日にコンビニで印刷する、ということもできるし、ファイルの保管期間内であれば、もっと間をあけても大丈夫だ。仮に保管期間を過ぎても再度トークルームに送れば、新たに手続きを開始できる。

なお、シャープのマルチコピー機はファミリーマート、ローソン、サークルK・サンクス、セイコーマートに設置されている。

【情報元、参考リンク】
シャープ/プレスリリース
「ネットワークプリント」サービス公式サイト
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑