ドコモが料金を2割から4割値下げへ。1年あたり4000億円規模となるユーザー還元を実施

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は10月31日に開催した2018年度第2四半期の決算説明会において、2019年度より1年あたり最大4,000億円規模となるユーザー還元を実施することを明らかにした。詳細は2019年度第1四半期に発表・提供開始予定とされるが、具体的には来春以降に料金を2割から4割ほど値下げするという。



最終的にどのような形・料金のプランとなるのかは現時点では分からないが、ドコモとしては現在のプランが複雑化していることは認識しているとし、少なくともシンプルで分かりやすい形に改善することと値下げを実施することは明らかにしている。

冒頭で記した1年あたり4,000億円規模の還元というのは、この料金プラン刷新に伴う値下げによる結果として、ということになる。

掲載した決算説明会の資料にも記載のように、ユーザーの利用状況次第で値下げは変わるとのことで、ドコモの継続利用年数や「dポイントクラブ」のステージなどの条件によってどのようなバランスになるのかも気になるところだ。

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑