ASUSがゲーミングスマホ「ROG Phone」を11月23日に日本市場で発売へ。予約はすでに受付中! ゲームパッド、各種ドックなど拡張アクセサリーも登場!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ASUS JAPANは16日、ゲーマーブランドである「ROG」の名を冠したSIMフリーのAndroidスマートフォン「ROG Phone」(ZS600KL)を23日に日本市場で発売すると発表した。すでに予約の受付は始まっており、価格は119,500円(税別)。

<▲図:ROG Phone>

また、ROG Phoneの背面には拡張コネクタが搭載されていて、様々なオプション機器を装着できるようになっている。ゲームパッド、2画面プレイを可能にするドック、テレビへの程遅延でのワイヤレス映像出力が可能なドック、拡張ポートを多数備えてパソコンライクにするドックといった専用拡張オプション機器も同時発売となる。

ROG Phoneは拡張オプション機器だけが魅力ではなく、本体そのもののスペック/性能もゲーマー向けの構成となっている。

<▲図:拡張オプション機器>

CPUはQualcommのSnapdragon 845だが、Qualcommの協力を得てゲーム用途に最適化されたオーバークロック版だ。Snapdragon 845の通常版のベースクロックは2.8GHzだが、オーバークロック版は2.96GHzだ。また、メモリ(RAM)は8GB、ストレージ(ROM)は512GB。

ディスプレイは約6インチの有機ELで、解像度は2,160 x 1,080ドット。ただそれだけでなく、応答速度が1msで、リフレッシュレートも60Hzではなく90Hzと、ゲーミングスマートフォンならではの高速性能を持っている。

ネットワークはNTTドコモ(以下、ドコモ)、au、Y!mobileをサポートし、SIMカードスロットは2つ搭載し、デュアルSIM・デュアルVoLTEに対応する。どちらのSIMカードもnanoSIMサイズ。Wi-FiはIEEE802.11a/b/g/n/acと11adもサポートする。Bluetoothは5.0だ。

バッテリー容量は4,000mAhで急速充電規格の「Quick Charge 4.0」に対応する。

ボディサイズは約158.8 x 76.1 x 8.3mmで、重さは約200g。さすがに若干大きく重めの機種だが、もはやハイエンドの携帯ゲーム機とも言える機種なので、あまり気にならなそうだ。

そして注目すべき独自の操作系として「AirTrigger」が搭載されている。これは端末を横向きにした時に両肩にあたる左右上部(横向きの時)の角に超音波タッチセンサーが搭載されていて、一般的なゲーム機のコントローラーにおける「L」「R」ボタンのように使うことができる。

また、ゲームアプリに没頭できるよう、スマートフォンの通知を制限してしまう機能「Game Genie」を利用することができる。他にもゲームに没頭できるよう、いくつかの操作を制限してしまうことができる。

パッケージにはUSB-ACアダプタセット、「ROG Phone Case」「Aero Active Cooler」が同梱される。ROG Phone Caseは専用ケースで、Aero Active Coolerは冷却ファンキットだ。Aero Active Coolerは単体でROG Phoneに装着できるが、ROG Phone Caseとの同時装着も可能となっている。ファンを使ってROG Phoneを冷却できるので、処理が重いゲームアプリをプレイする際に活躍しそうだ。

<▲図:Aero Active Coolerは付属する>

また、Aero Activeには3.5mmオーディオ端子とUSB Type-C端子が搭載されている。しかもスマートフォンを横向きにした状態における下側にそれらの端子が来るので、充電しながらイヤホンをしながらプレイしても両手に干渉せず邪魔にならない。

<▲図:Aero Active Cooler>

【情報元、参考リンク】
ASUS
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑