Huluで8月から「THE FLASH/フラッシュ」シーズン4を配信! アロー、スーパーガールらDCコミックスの実写ドラマをチェック!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
HJホールディングスは20日、海外ドラマ「THE FLASH/フラッシュ」のシーズン4を8月1日より動画配信サービス「Hulu」で配信すると発表した。


フラッシュはDCコミックスのヒーローであるフラッシュを主人公に据えた海外ドラマだが、同じくDCコミックスのヒーローであるグリーンアロー(ドラマ内では暫くは単に「アロー」としていて「グリーンアロー」とは呼んでいなかった)の実写ドラマである「ARROW/アロー」のスピンオフ作品としてスタートしている。

筆者もアローに始まり、フラッシュ、「SUPERGIRL/スーパーガール」「レジェンド・オブ・トゥモロー」とDCコミックスの実写ドラマを全て見ているが、これらの作品はマーベル作品の実写映画「アベンジャーズ」シリーズ(正確には「マーベル・シネマティック・ユニバース」と呼ばれる共通世界を舞台としたシリーズ。ドラマシリーズの「エージェント・オブ・シールド」も同じ世界で描かれている)と同様、共通世界を舞台とし、クロスオーバーしていることが大きな魅力となっている。

フラッシュがアローのスピンオフであることから想像できると思うが、フラッシュとして活躍するバリー・アレンはアローのエピソードにも登場する。逆にフラッシュのエピソードにアローことオリバー・クイーンやフェリシティ・スモークらアローの面々が登場する回もある。

さらに近年のシーズンでは全作品のクロスオーバー・エピソードまで用意されていて、それも各作品を盛り上げる大きな要素となっている。スーパーガールだけは全く同じ地球が舞台というわけではないが、若干ネタバレになってしまうが、現在は行き来することも可能となっている。

DCコミックスの現在の実写映画は個人的には微妙だと思うが、ドラマシリーズに関してはマーベルの実写ドラマシリーズである「ディフェンダーズ」の各作品よりもよくできていると思う。もちろん好みは人それぞれで、ディフェンダーズを好む方も多いと思うが、映像作品としての暴力表現がディフェンダーズの方が過激なので、個人的にはそれもあって少し苦手としている。

一方、DCコミックスのアロー、フラッシュ、スーパーガールは過激な表現もなく、基本的には万人向けに作られている。レジェンド・オブ・トゥモローだけはあまり面白いとは思えないが、少なくともアロー、フラッシュはかなりの水準だ。

ということで、すでにDCコミックスの実写ドラマシリーズのファンだという方はもちろん、まだ見たことがない方にも注目のフラッシュ・シーズン4だ。

フラッシュも個人的にはシーズン3はそれまでの2シーズンと比べるとちょっとバリーの面倒臭さがレベルアップしていて微妙に感じたが、シーズン4がどのように始まり、どのような展開を見せるのか、ストーリーが気になっていることも確か。

8月1日からのスタートが楽しみだ。

なお、Huluでは今年の夏を「DC祭り」と題し、DCコミックスのドラマシリーズが揃っていることをアピールしている。また、各キャラクターに焦点を当てた特集も予定しているようだ。

DCコミックスの実写ドラマシリーズは数が非常に増えてきたので、どういう順番で見ればいいのか分かりにくい。

初視聴の方は、下記の順番で見れば、時系列が過度におかしくはならないと思う(※もう覚えていない部分もあるので、間違えている可能性もありますので、ご了承ください。絶対に間違えたくない方は別途Webで調べてください)。
  • アロー:シーズン1
  • アロー:シーズン2
  • アロー:シーズン3 と フラッシュ:シーズン1のどちらが先でも構わない
  • アロー:シーズン4 とフラッシュ:シーズン2のどちらが先でも構わない
  • レジェンド・オブ・トゥモロー:シーズン1
  • スーパーガール:シーズン1
  • アロー:シーズン5 とフラッシュ:シーズン5のどちらが先でも構わない
  • スーパーガール:シーズン2
  • レジェンド・オブ・トゥモロー:シーズン2

ただ、個人的には結構バラバラでも問題ないとも思う。

掲載した順序だとアローのシーズン1の初回となる第1話を気に入らなかった場合、下手をするとフラッシュとスーパーガールも見なくなってしまうかもしれない。しかし、アローとフラッシュ、スーパーガールは全くテイストの異なる作品なので、アローが合わなくてもフラッシュやスーパーガールは好きになる、というパターンも十分以上にあり得る。そのため、アローの初回エピソードだけで切ってしまうのは非常に勿体無い。

それこそフラッシュのシーズン1の後半やシーズン2はSFエンターテインメントドラマとしてはかなり優秀だったと思うし、DCコミックスのドラマシリーズの中では一番好きかもしれない。そのため、アローの第1話、フラッシュの第1話、スーパーガールの第1話を最初に見て、気に入った作品から見始める、というのも悪くないと思う。

仮に順番がめちゃくちゃになったとしてもそれほどの不都合はない。しかも、スーパーガールの場合はそもそも同じ地球ではないこともあり、クロスオーバーの度合いはアロー、フラッシュの関係と比べると弱いので、スーパーガールのシーズン1と2を最初に続けて見たって構わない。

ただし、レジェンド・オブ・トゥモローだけはアローかフラッシュを先にある程度見ておいた方がいいと思う。というのも、レジェンド・オブ・トゥモローの主要メンバーは、各作品の登場キャラクターの集まりで構成されているからだ。

いずれにしても、夏に時間を取れる方は、DCコミックスの実写ドラマシリーズを一気見するのも楽しいと思う。

なお、Huluは月額933円(税抜)で見放題の定額制動画配信サービスだが、初回2週間は無料トライアル期間になっているので、頑張れば無料期間内でお金をかけずに見まくることも可能といえば可能だ。さすがにDCコミックスの実写ドラマを全部無料で見てしまうのはサービス会社に悪い気もするが、一応は2週間経過前に解約すれば無料で見ることもできる。とはいえ、本記事執筆時点では、約1,000円の動画配信サービスの中ではいまだにHuluが一番無難な選択肢だと思う。

【情報元、参考リンク】
Hulu


※注意事項:Huluでは配信作品は都度変わりますので、本記事で紹介した作品が必ずしも永続的に配信されるわけでもありませんのでご注意ください。あくまでも本記事執筆時点での話となりますのでご了承ください。

THE FLASH and all pre-existing characters and elements TM and (C) DC Comics. The Flash series and all related new characters and elements TM and (C) Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑