AI搭載スマートリモコン「LS Mini」登場。エアコンなどの赤外線リモコン使用家電を遠隔操作可能にする機器。AIによる自動操作も可能!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
Live Smart(リブスマート)はスマートホームコントローラー「LS Mini」を特別価格4,980円で予約受付開始した。スマートホームコントローラーと同社は呼んでいるが、他社では「スマートリモコン」と言われることもあるジャンルの製品で、赤外線リモコンを使う家電の操作を中継し、スマートフォンやスマートスピーカーなどから遠隔操作できるようにする。


さらに、LS Miniの場合はAIを搭載し、AIが自動でエアコンの温度を設定してくれるといった機能が大きな特徴となっている。

特別価格での提供は数量限定とのことだが、4,980円という価格は明らかに同ジャンルの製品の中では最安クラスだ。通常価格の6,980円ですら安価な部類に入る。最近、他社の先行製品である「Nature Remo」シリーズからも安価な小型モデルの「Nature Remo mini」が発表されたが(こちらの記事参照)、それよりもさらに2,000円安いので、スマートリモコンを導入したいと考える方には魅力的な選択肢になりそうだ。ただし、Nature Remoシリーズの方が長いのでネット上の口コミ、知見が多く、その点での安心感はあるかもしれないし、Nature Remoシリーズの魅力もあるので、購入の際には比較検討しよう。

これらスマートリモコンで主に操作したい家電は人それぞれ異なると思うが、例えばエアコンをスマート化したい場合、エアコンの赤外線リモコン操作を中継できる位置にLS Miniを設置し、家のWi-Fiネットワークに繋げる。

すると、家にいるときはもちろん外出先からでもスマートフォンを使ってエアコンを操作できるようになる。外出先からの場合は、LTEを介して家のWi-Fiネットワークに繋ぎ、エアコンをコントロールする。そして、Google HomeやAmazon echoといったスマートスピーカーでの声による操作にも対応する。

この辺りの機能はNature Remoシリーズでももちろん可能だ。

さらに、LS Miniが搭載するセンサーなどを使って、「ルール」を設定しての自動操作もできる。これもNature Remoでもできることだが、例えば部屋の温度が指定温度以上になったらエアコンを入れるとか、自分自身(スマートフォン)が指定範囲に入ったらエアコンを入れるといったようなことができる。


では、他社製品になくLS Mini独自の魅力とは何だろう? それがAI機能だ。

朝・昼・夜で設定温度を自動調整したり、雨の日や夜は冷房を控えめにしたり、おやすみ時には睡眠モードにしてくれたり、と、室温、天気予報、外気温、湿度、照度、ユーザーの服装など様々なデータを活用して快適な空間を作り上げる。また、将来的にはエアコン以外にも順次対応機器を拡張していく予定だとされている。ちなみにLS Mini本体に内蔵されているセンサーは温度と照度だ。

また、Webカメラを繋げば、見守りカメラとしての活用もできる。

子供の帰宅を外出先からカメラで見守ったり、帰宅を確認するとともに自動的にエアコンを入れるようなこともできる。ペットの監視にもいいだろう。


下はAmazon.co.jpでの商品リンク。Webカメラがセットになった商品も用意されている(右側)。

 

【情報元、参考リンク】
Live Smart公式サイト
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑