一般の家電をスマホやスマートスピーカーで操作可能にする中継器「Nature Remo」に安価で小型のミニ版が登場!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
Nature Japanは11日、一般の家電をスマート家電化できるスマートリモコン「Nature Remo」の安価な小型版となる「Nature Remo mini(ネイチャー リモ ミニ)」の予約受付を開始したと発表した。Nature Remo miniの通常価格は8,980円だが、現在は数量限定で特別価格の6,980円となっている。出荷予定時期は6月下旬から7月上旬頃。現時点では公式サイトでの予約受付しかされていないが、いずれAmazon.co.jpでの販売も始まるだろう。

<▲図:左側がNature Remoで右側がNature Remo mini>

Nature Remoは遠隔操作をしたい家電がある部屋に設置することで赤外線リモコンの操作を中継する。Nature Remoを家のWi-Fiネットワークに接続することでスマートフォンやスマートスピーカーからの操作が可能となる。

スタンダードモデルの価格は13,000円(税抜)なので、前述したようにミニモデルは約半額だ。



半額程度なのでこれまでよりも導入しやすくなると思うが、スタンダードモデルと何が異なるのか気になると思う。

大きな違いは搭載センサーの数と種類。スタンダードモデルには温度・湿度・照度・人感センサーが搭載されているが、Nature Remo miniが搭載するセンサーは温度センサーのみだ。それに伴って筐体サイズもコンパクトになった。それ以外は基本的に変わらないので、個人的には多くのユーザーがミニモデルで十分ではないかと思う。サイズはスタンダードモデルが約74 x 74 x 20mmなのに対して、ミニモデルは約58 x 58 x 15.6mmだ。

Nature Remoは赤外線を使ったリモコンを採用する家電に対応し、その赤外線リモコン操作を中継し、スマートフォン、Google Home、Amazon Echoから遠隔で操作できるようにするわけだが、普通にオン/オフ操作などを遠隔で行う他に、条件を指定しての自動起動などもできる。

これを「ルール」設定/運用というが、例えばエアコンの場合、室内の温度が25度以上になったらオンにする、といったような使い方ができる。

<▲図:スマートフォン向けアプリのイメージ>

もちろんスタンダードモデルの場合は湿度も計測できるので、湿度設定も可能だ。他にも、連携するスマートフォンが何m以内に入ったらオンにするとか、色々と設定できる。しかし、個人的にはセンサーについては温度センサーだけで十分だと思うし、メーカー側もミニモデル投入に向けて最低限必要なセンサーは温度のみだと判断したのだろう。

実際にはルール設定はあまり使わないと思うので、繰り返しになるが多くの方がNature Remo miniで十分だと思う。そして、7,000円程度になるとNature Remo mini導入はかなりオススメできるようになってくる。1万円以上かかると無条件で勧めることもできないが、ミニモデル登場でハードルが下がった。

Nature Remo及びNature Remo miniを使えば、それこそ外出先からスマートフォンで家電を操作することもできるので、外出先からコントロールしたい家電がある場合には本当に便利だ。また、スマートスピーカーに関してもGoogle Home、Amazon Echoに対応し、声での操作ができる。

下はAmazon.co,jpでの商品リンク。



【情報元、参考リンク】
Nature Japan公式サイト
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑