Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts
OCNモバイルONE

ソフトバンク、普通のスマホを子供向け仕様にできる無料サービス「ジュニアスマホ」を2月9日より提供。勝手に課金もできない

ソフトバンクは8日、Androidスマートフォンを手軽に子供向け仕様にできる無料サービス「ジュニアスマホ」を9日より提供すると発表した。以前から告知されていたサービスだが、いよいよ登場する。このジュニアスマホは、「ソフトバンク」のAndroidスマートフォンのユーザー向けに提供される無料のサービスで、店頭で申し込み、設定してもらうことで利用可能となる。

<▲図:ジュニアスマホのホーム画面>

ジュニアスマホは簡単にいうと子供向けのホームアプリのようなもの。それに加えてキャリア決済サービス「ソフトバンクまとめて支払い」(通信費と合算して支払えるサービス)を利用できなくなるので、子供が勝手に有料コンテンツをキャリア決済で購入できなくなる、という特徴がある。

ただし、クレジットカードや「Google Playギフトカード」などのプリペイドカードからの購入は可能なので、その点には注意が必要だ。とはいえ、キャリア決済で購入できないだけでもある程度は「親の知らぬ間に課金」というトラブルを回避できるだろう。

また、フィルタリングサービス「あんしんフィルター」(無料。申込必要)を使えば、保護者があらかじめ子供の年齢に応じた設定強度でのフィルタリングをかけることができる。ホーム画面はもちろん子供向けデザインだ(上図参照)。

ジュニアスマホは自分でアプリをダウンロードして設定できそうだが、冒頭で述べたように店頭での申し込みが必要なサービス。店頭で申し込むと店員が設定してくれる。

対象機種はまずはXperia XZ1、AQUOS R compact、Xperia XZs、AQUOS R、AQUOS ea、DIGNO G、HTC U11からスタートし、今後順次拡大予定となっている。

ジュニアスマホは普通のスマートフォンに導入する後付けサービスなので、いつでも元に戻せることも利点。年齢が上がり、不要になれば外せばいいだろう。

【情報元、参考リンク】
ソフトバンク/プレスリリース

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件