KDDI、国内初のLTE対応IPトランシーバー「IP500H」とIP無線機「IP-T10」を9月発売へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDI、沖縄セルラーは7日、国内では初となるLTE対応のIPトランシーバー「IP500H」とIP無線機「IP-T10」を、アイコム、インフォメーションタスクフォースを通じて9月より法人向けに発売すると発表した。


IP500HとIP-T10は、無線機ならではの多人数への一斉連絡が可能なほか、4G LTEに対応することで、より広いエリアでの音声通話が可能となっている。電話機のように同時に会話したり、優先順位の高い情報を割り込んで伝えることが可能となっている。

また、スマートフォンアプリやIPビジネスホンなど、様々な機器/サービスとの通話も可能となっている。

IP500HとIP-T10は、利用者による無線局免許の申請や取得は不要で誰でも利用可能なので、警備、運送、イベント会場など幅広い用途で手軽に利用できるとのこと。

本体のサイズはIP500Hは約59×95×25.9mmで、重さは約205g、IP-T10は約141×137.5×34.5mmで、重さ約445gとなっている。

【情報元、参考リンク】
KDDI/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑