池袋西口地下街「池袋東武ホープセンター」でWiMAX 2+のエリア整備が完了

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
UQコミュニケーションズは2日、池袋駅の西口地下街「池袋東武ホープセンター」において、WiMAX 2+のエリア整備が完了したと発表した。以前からWiMAXは利用可能だったが、より高速のWiMAX 2+が利用可能になったので、WiMAX 2+のモバイルWi-Fiルーター、USBデータ通信機器、auスマートフォンのユーザーにとっては嬉しい。

東武ホープセンター

なお、同社は最近、各地の地下街でWiMAX 2+のエリア整備が完了したとの知らせを立て続けに発表しており、地下街での利用可能エリアが一気に広がりつつある。

今後も続々とエリア整備が続くと期待されるので、WiMAX 2+も地下での利用がしやすくなるはずだ。

【情報元、参考リンク】
UQコミュニケーションズ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑