ドコモ、AQUOS ZETA SH-04F向けにアップデートを配信開始

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
AQUOS ZETA SH-04F
NTTドコモ(以下、ドコモ)は20日、シャープ製Androidスマートフォン「AQUOS ZETA SH-04F」向けに最新のアップデート(ソフトウェア更新)の提供を開始したと発表した。

今回のアップデートの主な内容は不具合対策で、特定の条件下でUSBテザリングができない場合がある、という事象を改善する。他にもいくつかの仕様変更などが含まれる。

SH-04Fは自動更新機能に対応しているため、最新のソフトウェアは自動的にダウンロードされ、あらかじめ設定した時間(標準設定では午前0時から6時)になると自動的に書き換えも行われる。

ユーザーが手動で行いたい場合には、ホーム画面でメニューキー→「設定」→「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」と進め、後は画面に表示される指示に従って操作を行えばいい。

最新ソフトウェア導入後のソフトウェアのビルド番号は01.01.07になる。

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/AQUOS ZETA SH-04Fの製品アップデート情報
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑