「進撃の巨人」と西武鉄道がコラボ! 秩父の名所を巡る「進撃の西武鉄道 スマホスタンプラリー in 秩父」が8月6日より開始へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
サイバーエージェントと西武鉄道は30日、人気アニメ「進撃の巨人」とコラボレーションし、スマートフォンを使って秩父の名所を巡る「進撃の西武鉄道 スマホスタンプラリー in 秩父」を8月6日から開始すると発表した。


このキャンペーンでは、参加者自身が「進撃の巨人」に登場する調査兵団の新人となり、メンバーと共に「ウォール・チチブ」(秩父)を調査しながら旅行体験することをコンセプトにしている。

西武鉄道の「特急レッドアロー号」を「紅蓮の弓矢号」に見立てて、参加者はその列車に乗って、スマートフォンを使いながらスタンプラリーに参加し、秩父の地を楽しむという企画だ。

スタンプラリーなので複数の地を巡ることになるが、西武線の各駅や秩父エリアなど計8カ所(シーズン1は7カ所)に設置されたポスターやパネル内のQRコードをスマートフォンで読み込み、スタンプを押せるようになっている。スタンプを押すと、「進撃の巨人」の調査兵団、エレン、ミカサ、リヴァイによる限定録り下ろしボイスを聴くことができる。

8カ所で集めたボイスを繋ぎ合わせることで、このキャンペーンでしか聴くことのできないオリジナルストーリーが完成する。

また、8カ所のポイントではスマートフォン用のオリジナルの壁紙をダウンロードすることもできる。さらに、西武秩父駅の来場者全員に「進撃の西武鉄道」限定コラボグッズ3点セットがプレゼントされる。加えて、今冬に上野の森美術館で開催される「進撃の巨人展」のチケットなどが当たるWチャンスや、劇場版「進撃の巨人【前編】〜紅蓮の弓矢〜」の鑑賞券が当たるTwitterキャンペーンも同時開催される。

「進撃の西武鉄道スマホスタンプラリー in 秩父」はシーズン1が8月6日から9月21日、シーズン2が9月22日から11月5日までの間に開催される。

限定録り下ろしボイスと、西武秩父駅来場者全員プレゼントの内容はシーズン1とシーズン2では異なるものが用意される。


調査ポイントは下記の通り。
  • 1.西武線の6駅のいずれか1駅(池袋・練馬・所沢・入間市・飯能・東飯能駅の改札内)
  • 2.西武秩父駅(西武秩父 仲見世通り内)
  • 3.秩父神社
  • 4.秩父公園橋
  • 5.慈眼寺
  • 6.高砂ホルモン
  • 7.西武秩父駅(エンディング用)
  • 8.龍勢祭 ※シーズン2のみ龍勢祭の限定録り下ろしボイスが聴けるQRコードを西武秩父駅に設置

(c)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

【情報元、参考リンク】
「進撃の西武鉄道スマホスタンプラリー in 秩父」公式サイト
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑