LINE、自作スタンプの販売・利用実績を公開。販売総額は1億5千万円、販売額10位までの平均は470万円

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
LINEは11日、ユーザーがLINEスタンプを制作・販売できる「LINE Creators Market」において、実際にクリエイターが制作したスタンプの販売・購入が可能となった5月8日から6月7日までの1ヶ月間における販売・利用実績を公開した。

LINE Creators Marketのクリエイター登録数とスタンプ登録数

「LINE Creators Market」は個人・法人問わず誰でもクリエイター登録し、自作スタンプを登録・販売できるプラットフォームで、現在は既に多くの自作スタンプが販売され、多くのユーザーに利用されている。

自作スタンプの中からはヒット作も登場し、早くもLINEスタンプにおいて重要な位置を占め始めている。スタンプの制作者には販売額のうち約50%が分配されるので、イラストレーターにとっては新たな活動・活躍の場にもなってきている。しかも、LINEスタンプの場合、マーケットは日本のみならず世界なので、本当に大勢のユーザーに使ってもらえる可能性がある。

6月7日時点では登録クリエイター数が80,000人、登録スタンプ数は12,000セットを超えている。

そして、気になる販売実績だが、5月8日より審査が完了したスタンプの販売・購入が可能になって以降の1ヶ月間で販売開始したスタンプ数は1,200セット、購入されたスタンプ総数は170万セット、クリエイターズマーケット全体の販売総額は1億5千万円を超えている。

なかでも販売金額上位のスタンプの平均販売額は売上10位までの平均が470万円、30位までが260万円、100位までが120万円、200位までが70万円となっている。


また、スタンプ1セットあたりの販売額比率で見ると、販売中のスタンプ総数のうち61.7%が1万円を突破しているという。


【情報元、参考リンク】
LINE/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑