Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts

【実機レポート】IGZO&フルセグ対応の強力タブレット「AQUOS PAD SH-08E」(ドコモ2013夏)

現在、7インチのタブレットとしては「Nexus 7」が世界的なベストセラーなのは言うまでもないが、この7インチセグメントに投入される強力な製品がIGZO液晶を搭載したシャープの「AQUOS PAD SH-08E」だ。新型のNexus 7はフルHD解像度(1920×1080)になると予想されているが、この製品はそれを超える1920×1200ドットのIGZO液晶を搭載している。これだけでも、かなり強力な製品であることが想像できる。

AQUOS PAD SH-08Eの紹介パネル

このAQUOS PAD SH-08EにNTTドコモ(以下、ドコモ)の2013年夏モデル発表会で触ることができたので、ファーストインプレッションを紹介したい。


■7インチタブレット最強レベルの液晶

まずは注目の液晶から。この液晶の表示傾向はIGZOらしく明度が高く、明るいものだ。7インチというサイズに対して1920×1200ドットと解像度が非常に高く、密度の高い表示は今までにない体験という感じで、写真なども非常に精緻に表示される。たとえ「iPad mini」(解像度1024×768)に「Retina」モデルが出ても、ドット密度で大きく引き離されることはなさそうだ。

なお、ボディの横幅は107mm、厚さは9.9mmで、Nexus 7と同様に上着の内ポケットにも収まる、扱いやすいサイズになっている。また、バッテリー容量が4,200mAhと大きいので、IGZO液晶との組み合わせで長時間駆動が期待できそうだ。

しかも、防水、防塵にも対応しているので、タブレットとしては凄い。

高解像度で精緻な表示。

背面。ボディ色はホワイトのみ。


■フルセグチューナー搭載

解像度の高い液晶を活かす機能の一つとして、高解像度な地デジTV放送を楽しめるフルセグチューナーを搭載している。これがこのタブレットの大きな魅力だ。本体にアンテナを搭載するほか、ドックにも同軸コネクタを搭載し、普通のテレビのアンテナケーブルを接続できる。

付属のドックは同軸アンテナコネクタ対応。アンテナケーブルを接続すれば、安定した視聴が可能。

ドックにセットしたところ。

AQUOS PAD SH-08Eに内蔵されたアンテナ。

ワンセグ、フルセグを電波状態で自動切り替えすることも可能。


■ペン入力が便利

このタブレットはペン入力にも対応しているため、細かい文字を書いたりするのが楽だ。また、ブラウザなど、他のアプリが動いている状態で書き込むこともできるのが便利だ。ただし、このペンがちょっと貧弱な印象なのが残念だ。しかし、普通に使うならこの程度のクオリティで十分なのかもしれない。ちなみにペンで書き込んだ画面はキャプチャ保存したり、共有することができる。

Web画面などに落書きすることができる。

ペン先の色や種類が選択できる。

保存はPDF形式、共有はPNG形式になる。


■パーソナルなテレビとしても使える?

現時点において、このAQUOS PAD SH-08Eのポテンシャルは抜群で、Nexus 7などを大きく引き離している。フルセグチューナー搭載で、7インチというサイズから、パーソナルなテレビとしても使えそうだし、ペン入力も搭載していることで、かなり幅広く活用できそうだ。価格さえ適切なら、かなり好意的に市場に受け入れられる予感がする。

(記事:一条真人

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/AQUOS PAD SH-08E製品紹介ページ

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件