Android向けGoogle マップの最新版が登場。インドアマップ内(施設内マップ)での徒歩経路検索、お店の内部の360度パノラマ写真閲覧が可能へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
米Googleは9日(現地時間)、Android(アンドロイド)向け「Google Maps(Google マップ)」アプリの最新バージョン6.7をリリースした。最新バージョンでは、インドアマップでの徒歩経路検索(ベータ版)、レストランやお店の内部を360度のパノラマ写真で閲覧できる機能が利用可能となっている。さらに、米国では付近のGoogleクーポンが表示される機能も加わっている。


最新のGoogle Mapsはアップデートすることで利用可能となる。Google Play Store上のこちらのページへ直接アクセスしてアップデートすることもできる。

まず、インドアマップ内での徒歩による経路検索が今回のバージョンから可能になった。

現在のGoogle Mapsでは、一部の商業施設や公共交通機関の主要駅、空港などにおいて施設内のマップを閲覧できるようになっている。例えば東京駅なども対象となっていて、各階のマップをチェックできる。従来の経路検索では各施設や地点間の経路しか調べられなかったが、最新バージョンでは、施設内も含めた経路を調べることができるようになった。

検索例:有楽町駅~東京駅内のNEWDAYS

また、Googleが提供する「Google Places」におけるサービス「おみせフォト」で公開されているレストランなどのお店の内部の360度パノラマ写真の閲覧も可能になった。「おみせフォト」はお店の内部の紹介をする際に役に立つサポートサービスで、360度のパノラマ画像をインターネット上で公開できるようになっている。この画像をAndroid向けのGoogle Mapsでも閲覧できるようになった。

「おみせフォト」が公開されているお店の場合、Google Mapsからそのお店の詳細表示に進むと、「内部を見る」という項目に写真が表示されているのでそれをタップしてみよう。



【情報元、参考リンク】
Google Play(旧Android Market)/Google マップ
Google Mobile Blog
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑