KDDI、名古屋鉄道駅構内に公衆無線LANサービス「au W-Fi SPOT」を3月6日より導入へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDIは6日、名古屋鉄道の駅構内において、公衆無線LANサービス「au Wi-Fi SPOT」を同日より順次提供開始すると発表した。「au Wi-Fi SPOT」は従来はauの端末のみで利用可能だったが、今ではauスマートフォンに加えて、PCやタブレットなどの端末でも利用できるようになっている。利用端末の拡大についてはこちらの記事を参照してほしい。

KDDIによれば、名古屋鉄道は愛知県及び岐阜県において全路線で1日約94万人が利用しているという。今回の「au Wi-Fi SPOT」の導入によって、auのユーザーにとってよりよい通信環境が整えられることになる。

具体的に利用できるエリアは、名古屋鉄道の以下の駅構内(改札口付近やホーム)だ。

2012年3月6日
名鉄岐阜駅、笠松駅、堀田駅、鳴海駅

3月末
新木曽川駅、国府宮駅、須ケ口駅、前後駅、美合駅、名鉄一宮駅、金山駅、
中部国際空港駅、栄町駅、浄水駅

4月以降順次
新清洲駅、名鉄名古屋駅、神宮前駅、知立駅、新安城駅、東岡崎駅、本宿駅、
国府駅、上小田井駅、西春駅、岩倉駅、江南駅、柏森駅、扶桑駅、犬山駅、
大曽根駅、尾張旭駅、三郷駅、太田川駅、尾張横須賀駅、朝倉駅、新舞子駅、
常滑駅、日進駅、米野木駅、黒笹駅、三好ケ丘駅、豊田市駅

「iPhone 4S」及び「WindowsPhone IS12T」については3月下旬の対応予定だ。

なお、「au Wi-Fi SPOT」は、パケット定額サービス「ISフラット」もしくは「プランF(IS)シンプル/プランIF(IS)」に契約しているユーザーであれば無料で利用する事が可能だ。

【情報元、参考リンク】
KDDI/au Wi-Fi SPOT
GAPSIS/KDDI、公衆無線LANサービスを拡充。スマホ以外にPCなどでも使える。また、海外でも利用可能へ
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑