KDDI、auスマートフォン向け災害用伝言板を機能改善。安否お知らせメール対応や最新の災害情報の提供開始など

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDIは29日、「災害用伝言板サービス」のauスマートフォン向けサービスにおいて機能改善を図ると発表した。4月1日より今回発表された機能改善が導入される。改善内容は3点で、安否登録の簡略化、レスキューナウが提供する「最新の災害情報」の提供、「安否お知らせメール」への対応だ。

災害用伝言板サービスは、auのフィーチャーフォン(従来型ケータイ)のほか、auスマートフォンから利用できるが、今回の機能改善はスマートフォン向け。

auスマートフォンにおいて、「auマーケット」もしくはApp Store(iPhoneの場合)から「災害用伝言板アプリ」もしくは「au災害対策アプリ」をダウンロード/インストールしてアクセスすれば利用できる。なお、Windows Phoneについてはウェブブラウザからアクセスできる。

各改善点の概要は次の通りだ。

《安否登録の簡略化》
スマートフォンから安否登録を行う場合、これまで必要だった電話番号とメールアドレスの入力が不要となる。これにより、これまで以上に素早く・手軽に情報を入力・登録することが可能になる。

《「最新の災害情報」の提供》
レスキューナウが提供する「最新の災害情報」が提供開始される。地震や津波、台風などの状況を確認することができる。

《「安否お知らせメール」への対応》
「安否お知らせメール」の送信、メールアドレスの登録・変更が可能となる。

また、KDDIは4月1日に「災害用伝言板サービス」の体験版を提供する。

【情報元、参考リンク】
KDDI
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑