UQ、WiMAXハイパワー対応、連続通信時間約10時間のモバイルWi-Fiルーター「Aterm WM3600R」を10日に発売へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
UQコミュニケーションズは6日、NECアクセステクニカ製のWiMAX対応モバイルWi-Fiルーター「Aterm WM3600R」をUQ WiMAXオンラインショップで10日10時から販売開始すると発表した。あわせてホームルーター新商品「Aterm WM3450RN」も同日同時間から取扱いが開始される。


WM3600RとWM3450RNはともにWiMAXハイパワーに対応したWi-Fi(無線LAN)ルーターで、従来品と比較して、より幅広い接続エリアを得られることに加え、上りの通信速度向上も期待できる製品となっている。特に接続エリアに関しては、従来品よりも検知エリアが広いので、接続性が高く、通信が途切れにくくなることが期待できる。

さらに、WM3600Rは公衆無線LANサービスにも対応するので、WiMAXエリア外であっても公衆無線LANのエリアであれば、公衆無線LANを経由してインターネットに接続することができる。

そして、内蔵バッテリーによる連続通信時間が約10時間、待受時間が約25時間、待機時間が約170時間とスタミナ性能が高い点も特長。

同時に接続できるWi-Fi機器の台数は12台。家でホームルーター代わりに使うとしても十分役目をこなせるレベルだ。端末のサイズは約95×70×12.8mmで、重さは約110g。カラーラインナップはピンク、シルバー、ブラックの3色。

別売り(セット販売もあり)のクレードルを利用すれば有線LANを利用することもできる。

価格は下表のとおり。


下に掲載したのは実機の写真。




【情報元、参考リンク】
UQコミュニケーションズ/プレスリリース
GAPSIS/WiMAXハイパワー&公衆無線LAN対応のモバイルWi-Fiルーター「AtermWM3600R」の実機写真を紹介
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑