Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts

ウィルコム、PHS「SOCIUS WX01S」を発表。Bluetooth接続でスマートフォンの子機としての利用も可能

ウィルコムは21日、2011年秋冬に向けた新商品発表会を開催し、セイコーインスツル(SII)製のPHS端末「SOCIUS WX01S(ソキウス)」を発表した。SOCIUS WX01Sは、Bluetoothを介してスマートフォンと接続することで、スマートフォンの子機として利用することも可能な端末。いわゆるBluetoothハンドセットなどの周辺機器と同様の使い方ができる。子機としての利用はスマートフォンのほか、タブレットやPCなどで可能。

左からルビー、ブラック、ホワイト、ゴールド、ネイビー。

端末の基本仕様は、ディスプレイが約2.0インチのQVGA解像度の液晶で、筐体サイズは約45×120×11.5mm、重さは約77g、連続通話時間は約5時間、連続待受時間は約490時間、赤外線通信、Bluetooth(2.1+EDR)をサポートなどとなっている。カメラは非搭載。また、Bluetoothの対応プロファイルはHSP/HFP(ハンズフリープロファイル:クライアント)、PBAP(フォンブックアクセスプロファイル)。

カラーラインナップはルビー、ブラック、ホワイト、ゴールド、ネイビーの5色展開で、発売日は10月6日の予定。

価格はウィルコムストアで「W-VALUE SELECT」を利用して新規購入もしくは機種変更した場合、27,120円。ただし、指定オプションへの加入が必要となる。

【情報元、参考リンク】
ウィルコム/プレスリリース

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件