Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts
OCNモバイルONE

ASUS、キーボードドック付Androidタブレット「Eee Pad Transformer TF101」のタブレット本体部分の単品販売を開始へ

ASUSTek Computerは8月中旬より、キーボードドック付のAndroid(アンドロイド)タブレット「Eee Pad Transformer TF101」のタブレット本体部分のみの単品販売を開始する。これまではキーボードドックが同梱されたモデルのみが販売されていたが、新たな販売モデルが提供される。タブレット本体は8月中旬以降、キーボードドックは9月中旬以降に発売になる予定で、価格は前者が39,800円、後者が24,800円。なお、キーボード同梱モデルの価格は59,800円なので、単品で個別に購入した場合の方がやや高くなる。

Eee Pad TransformerはAndroid 3.1を搭載するタブレットで、専用のキーボードドックが用意されている点が大きな特徴となっている。ドックに接続することでノートPCライクな使い方が可能になるため、メールやレポートなどでの長文入力が快適に行える。さらに、ドックには別途内蔵バッテリーが搭載されているので、ドックに接続した場合は最長で16時間程度の連続使用が可能になる点も魅力。

一方、ドックから取り外したタブレットは、一般的なAndroidタブレットと同じように使うことが可能。ドックから外しても連続9.5時間程度の使用が可能で、重さは約680g。

タブレット本体の仕様は、ディスプレイが10.1インチ、解像度1280×800のIPS液晶で、プロセッサは米NVIDIA製Tegra 2デュアルコア1GHz、内蔵メモリは1GB RAMで、ストレージ容量は16GB。ネットワークは3Gには非対応で、Wi-Fi(IEEE802.11b/g/n準拠)のみのサポートだ。前面に2メガピクセル、背面に5メガピクセルのカメラを備え、DLNAやHDMI出力、Bluetooth(2.1)などにも対応する。

タブレットのサイズは約271×177×12.98mm。

キーボードドックは87キーの日本語キーボードが採用され、マルチタッチ対応タッチパッドやUSB 2.0端子、カードリーダーなどを備える。


【情報元、参考リンク】
ASUSTek/Eee Pad Transformer TF101製品紹介ページ

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件