AndroidのOSバージョン分布最新データ発表(2011年7月5日付)。2.3.xのシェアが大幅増。18%超えへ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
米Googleは現地時間7日、Android OSのバージョン分布の最新データを公開した。同社は2週間ごとにバージョンデータの集計を行っており、約2週間もしくは1ヶ月程度の間隔でそのデータをウェブサイト上で公開している。今回は前回から約1ヶ月のインターバルでの提供になり、7月5日直前2週間のデータを集計したものになる。


依然として最も多く普及しているバージョンはAndroid 2.2(開発コード「Froyo」)で、数値は59.4%。しかし、2.2は前回から減少期に突入し、今回は6割を切った。5月2日のデータでは65.9%、6月1日のデータでは64.6%、そして今回は59.4%と減少の幅が大きくなっている。

一方、Android 2.3(開発コード「Gingerbread」)のシェアが今回大きく上昇している。2.3.0~2.3.2が1%、2.3.3~2.3.4が17.6%。合計すると18.6%となり、2割到達まであと一歩という段階だ。5月には合計で4.0%、6月には9.2%だったので、今回の上昇が大きいことがわかる。

それ以外のバージョンはAndroid 2.1が17.5%、1.6が2.2%、1.5が1.4%、3.1が0.5%、3.0が0.4%となっている。Android 1.5/1.6はほぼ消え入る流れだ。また、タブレット向けOSであるAndroid 3.xのシェアは横ばい傾向が続いている。シェアの増大は今後のヒット商品の登場や、Android 3.x対応アプリのラインナップ拡充待ちとなりそうだ。また、スマートフォンとタブレットの販売比率、市場の大きさを比べた場合、タブレットの方が圧倒的に販売台数が少ないため、シェア増加の流れが起こるにはまだ時期が早いとも言えるだろう。

下図はこれまでの変遷グラフ。


【情報元、参考リンク】
Google/Android Platform Versions
Android OSバージョン分布データ(2011年6月1日付)の記事
Android OSバージョン分布データ(2011年5月2日付)の記事
Android OSバージョン分布データ(2011年4月1日付)の記事
Android OSバージョン分布データ(2011年3月15日付)の記事
Android OSバージョン分布データ(2011年2月2日付)の記事
Android OSバージョン分布データ(2011年1月4日付)の記事
Android OSバージョン分布データ(2010年12月1日付)の記事
Android OSバージョン分布データ(2010年11月1日付)の記事
Android OSバージョン分布データ(2010年10月1日付)の記事
Android OSバージョン分布データ(2010年9月1日付)の記事
Android OSバージョン分布データ(2010年8月2日付)の記事
Android OSバージョン分布データ(2010年7月15日付)の記事
Android OSバージョン分布データ(2010年7月1日付)の記事
Android OSバージョン分布データ(2010年6月16日付)の記事
Android OSバージョン分布データ(2010年6月1日付)の記事
Android OSバージョン分布データ(2010年5月17日付)の記事
Android OSバージョン分布データ(2010年4月12日付)の記事
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑